高齢化社会の現代において、社会福祉士という職業の需要が高まっています。

社会福祉士とは、高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉などの福祉専門の資格であり、名称独占の国家資格です。

では、実際に社会福祉士として働く場所はどういったところなのでしょうか。

本コラムでは、社会福祉士を目指す方に向けて、社会福祉士の働く場所を紹介します。

令和5年度合格率81.25% 全国平均の1.40倍

資料請求でサンプル講義とテキストを無料でプレゼント!  
・「障害者福祉」「人体の構造と機能及び疾病・心理学理論と心理的支援」より抜粋  
・サンプル講義:約4.5時間

1分で簡単!今すぐ見れます(会員登録→お申込み→講座視聴)

20日間無料で講義を体験!

社会福祉士が働く場所

社会福祉士は、いわゆる「ソーシャルワーカー」とも呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。

社会福祉士の主な仕事内容は、身体的・精神的・経済的などの課題のある人の日常生活について様々な支援を行うことです。

また、他分野の専門職などと連携して包括的に支援を進めたり、社会資源などを開発したりする役割も求められます。

このような性格から、以下のような施設で社会福祉士が活躍しています。

関連コラム:社会福祉士に向いている人はどんな人?必要な能力・スキルも紹介!
関連コラム:ケアマネジャーとは?仕事内容や役割、働く場所について詳しく紹介!

児童福祉施設

児童福祉施設とは、国または都道府県などが設置する、児童及び妊産婦の福祉を図るための施設です。

児童福祉法によれば、児童福祉施設は、以下の12種類の施設が定義されています。

  1. 助産施設
  2. 乳児院
  3. 母子生活支援施設
  4. 保育所
  5. 幼保連携型認定こども園
  6. 児童厚生施設
  7. 児童養護施設
  8. 障害児入所施設
  9. 児童発達支援センター
  10. 児童心理治療施設
  11. 児童自立支援施設
  12. 児童家庭支援センター

児童福祉施設で働く社会福祉士の主な仕事は、子どものケアをしたり、子どもの保護者と今後についての相談や支援をすることです。

各施設にどのような形で就職するかは、施設によって異なります。

たとえば、ファミリーソーシャルワーカー(家庭支援専門相談員)や、里親支援専門相談員、家庭児童相談員など、様々な役割があります。

学校施設

小学校などの教育施設でスクールソーシャルワーカーとして働く社会福祉士もいます。

スクールソーシャルワーカー(SSW)は、児童・生徒が生活の中で抱えている日常の悩み、いじめ、虐待などの問題の解決を図る仕事です。

似たような職種でいうと、スクールカウンセラーが有名ですが、スクールカウンセラーが主に心理的にアプローチするのに対し、スクールソーシャルワーカーは主に環境の面からアプローチするところが異なっています。

スクールソーシャルワーカーの仕事内容は、児童・生徒の問題を直接的に解決することだけではなく、生徒本人や家族の家庭環境を改善する相談を行ったり、学級環境の整備をしたり、学校外で行われている支援活動の紹介をしたりといったことも仕事内容にふくまれます。

このように、スクールソーシャルワーカーは、生徒が抱える問題に様々な角度からアプローチすることによって、児童・生徒の支援を行っています。

高齢者の介護などを目的とした高齢者福祉施設

高齢者福祉施設は主に、老人ホームなどのことを言います。

老人ホームでは実際に身体的な介護をすることもあります。

また、ショートステイと呼ばれる施設を使う場合には短期間の入所となるので、高齢者の方が施設を退所した後の生活についての相談に乗ることも仕事のひとつです。

地域包括支援センター

各市町村町に設置されている地域包括支援センターも社会福祉士の働く場所です。

地域包括支援センターは地域の高齢者を支えるために、

  • 介護が必要になりそうな高齢者の状況悪化を防ぐためのプランニングをする「介護予防ケアマネジメント」
  • 介護に関するあらゆる悩みに対応する「総合相談」
  • 地域の専門家や住民のネットワークを形成する「包括的・継続的ケアマネジメント」
  • 高齢者を詐欺などの被害から守る「権利擁護」

の4つの業務を行っています。

これらの業務を社会福祉士が行っています。

障害者施設

障害者向けのサービスは、主に身体障害者向け、知的障害者向け、精神障害者向けなどに分けることができますが、そのいずれにも社会福祉士が必要とされています。

これらの施設では、日常生活の自立や就労などの訓練を行います。

そして、社会福祉士は、これらの施設で、生活指導員・支援員などとして働きます。

また、「福祉ホーム」の管理人や「身体障害者福祉工場」などで相談援助を行う社会福祉士もいます。

地方自治体の福祉事務所

福祉事務所は、各都道府県・市区町村に設置された地域住民の福祉を行う行政機関です。

福祉事務所は、福祉六法(生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、老人福祉法、母子及び父子並びに寡婦福祉法)に関係する業務の総合的窓口として、各市区町村に設置されていて、社会福祉士が地域住民の福祉に関しての相談に対応しています。

病院などの医療機関

病院をはじめとした医療機関で働く社会福祉士は、医療ソーシャルワーカー(MSW)と呼ばれています。

医療ソーシャルワーカーは、患者さんやその家族の相談に対応したり、彼らが抱えている精神的・社会的・経済的問題の解決のため、様々な支援をすることが仕事です。


令和5年度合格率81.25% 全国平均の1.40倍

資料請求でサンプル講義とテキストを無料でプレゼント!  
・「障害者福祉」「人体の構造と機能及び疾病・心理学理論と心理的支援」より抜粋  
・サンプル講義:約4.5時間

1分で簡単!今すぐ見れます(会員登録→お申込み→講座視聴)

20日間無料で講義を体験!

この記事の監修者 遠藤 愛 講師

遠藤 愛 講師

全くの異業種から介護の世界に飛び込み、訪問介護員として介護業界での勤務をスタート。住居環境・経済状況が様々なケースを担当。

現在は、医療ソーシャルワーカーとして、地域の在宅・施設の福祉職と協働しながら、数多くの高齢者・障害者とその家族への退院支援業務にあたる。

講座を見る