管理業務主任者のやりがいは、どのようなところにあるのでしょうか?

管理業務主任者を目指している方にとって、気になるのではないでしょうか。

管理業務主任者は、主にマンション管理の仕事を行いますが、そこから生じるやりがいは、どういったものでしょう。

そこで、管理業務主任者のやりがいについて解説します。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

管理業務主任者はやりがいがある仕事

管理業務主任者は、マンションの管理についてのエキスパートとして、管理委託契約に関する重要事項の説明、その関連書類への記名・押印、管理事務の報告といった仕事を行います。

マンション管理のエキスパートである管理業務主任者がこれらの仕事を行うことで、顧客の管理組合は安心して管理会社にマンションの管理を任せることができます。

このように、管理業務主任者の仕事は顧客である管理組合に安心感や信頼感を与えるものであり、やりがいのある仕事といえるでしょう。

管理業務主任者の具体的なやりがいについて

具体的なやりがいは以下の通りです。

①重要な仕事を任される

管理業務主任者の主な仕事は、①管理委託契約に関する重要事項の説明、②その関連書類への記名・押印、③管理事務の報告です。

これらの仕事はいずれも、顧客である管理組合にとって非常に関心が高いものです。

そのため、説明や報告が適切に行われなければ、マンションという高額な財産の管理を任せることはできないと考え、管理組合は契約を打ち切って他の会社に委ねることもあります。

そのため、管理事務を行うマンション管理会社にとって、これらの仕事は顧客の信頼を醸成するための重要な仕事です。

もっとも、これらの仕事は法律により管理業務主任者でなければ遂行できません。

そのため、管理業務主任者の資格を取得することで重要な仕事を任され、責任ある仕事を任されるというやりがいがあります。

②顧客から感謝される

管理業務主任者は管理事務の報告などを行うため、顧客である管理組合との距離が近く、マンションの住民から感謝されることもあります。

例えば、抱えている課題やトラブルを解決した場合が挙げられます。

管理業務主任者は、顧客であるマンション管理組合の年次総会に出席します。

その際に組合の決算などが行われますが、管理業務主任者は、管理組合経費の節減を含め、管理組合の収入をあげる提案を積極的に行います。

これによって提案が採用され、管理組合の収入増加が実現すれば感謝の言葉をダイレクトに伝えられることもあります。

このように、顧客から直接感謝されることもあるため、やりがいの大きな仕事といえるでしょう。

③マンションという高い価値の財産を守る

マンションの資産価値は、場所や価格ほか、建物や部屋の劣化状態といった点も要素になります。

特に建物の劣化状態では、マンションの管理状況が重要となり、管理業務主任者が適正に管理業務を先導していくことで、資産価値を下落させずに守っていくことが可能となります。

このように、管理業務主任者はマンションという高額な財産の価値を守れる点でも、やりがいがあります。

実際に多くの管理業務主任者がマンション管理の仕事を行い、マンションの価値を守っています。

国土交通省『平成30年度マンション総合調査結果』によると、マンション管理会社が全ての管理事務を行っている割合は74.1%にのぼっており、管理組合がすべての管理事務を行っている割合は6.8%に過ぎません。

そのため、大半のマンションではマンション管理会社が関与しており、その中で管理業務主任者がマンションの管理業務を行っています。

多くの管理業務主任者がマンションの保全に寄与していることを裏付けています。

④人に寄り添って働くことができる

マンションの管理業務は、長期間に渡ってなされることが多いです。

そのため、管理業務主任者は、顧客であるマンション管理組合及びその中のマンションの住民と長期間に渡って交流を続けることになります。

このため、マンション住民に寄り添って働くことができ、人に尽くす仕事というやりがいがあります。

※関連コラム:管理業務主任者とは?仕事はきつい?平均年収は?意味ない資格って本当?

まとめ

管理業務主任者のやりがいについて解説しました。

管理業務主任者のやりがいに共感を持つことができた方は、向いている資格ではないかと思います。

また、共感を持てなくとも、管理業務主任者はやりがいの多い資格であるため、仕事を遂行していくうちに新たなやりがいを持つこともあります。

ぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!