マンション管理業務について調べる中で、マンション管理センターの名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

マンション管理センターは、マンション管理士試験の実施や、資格登録を行う公益財団法人です。

また、マンションの長期修繕計画などの作成や、マンション管理に関する相談業務など、その活動内容は多岐にわたります。

このコラムでは、マンション管理センターについて解説します。

マンション管理センターの活動内容に興味をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧ください。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

マンション管理センターとは?

公益財団法人マンション管理センター(以下、マンション管理センター)とは、マンション管理の適正化を目的として設立された財団法人です。

昭和60年に財団法人として設立され、平成25年に公益財団法人に移行しました。

マンション管理センターは、国内唯一の「マンション管理適正化推進センター」として、マンション管理組合および管理会社の支援を行っています。

また、マンション管理に関する国家資格「マンション管理士」の指定登録機関としても知られています。

マンション管理センターの主な活動内容

ここでは、マンション管理センターの主な活動内容について見ていきます。

  • マンション管理士試験の実施など
  • 長期修繕計画作成・修繕積立金算出サービス
  • 管理計画認定手続支援サービス
  • 相談対応
  • マンション管理センター通信の発行

マンション管理士試験の実施など

マンション管理センターは、マンション管理士試験の実施や、マンション管理士としての登録業務を行っています。

また、登録申請内容の変更手続きや、登録証の再交付などにも対応。

加えて、マンション管理士資格の更新において、5年ごとの受講が義務づけられている法定講習なども行います。

なお、マンション管理センターは、マンション管理士の法定講習を受講できる唯一の登録講習機関です。

長期修繕計画作成・修繕積立金算出サービス

マンション管理センターでは、マンションの長期修繕計画の作成および修繕積立金の算出を行っています。

中期修繕計画作成・修繕積立金算出サービスの対象となるマンションは、中高層および住宅専用の分譲マンションです。

超高層マンション・リゾートマンション・賃貸マンション・社宅などは対応外となるため、注意しましょう。

また、マンション管理センターが作成する長期修繕計画には、国土交通省において策定された「長期修繕計画標準様式」が用いられます。

ただし、一部の事項が異なるため、詳しい内容は公式サイトよりご確認ください。

なお、これらのサービスを利用する際は、作成費用がかかります。

管理組合の登録機関によって料金が異なるため、詳細は以下の表をご確認ください。

管理組合の種類 作成費用
2棟まで1棟毎 3棟目以降1棟毎
(1)マンション管理センター登録管理組合 各14,000円 各9,000円
(2)マンションみらいネット登録管理組合 同上 同上
(1)(2)以外の管理組合 各21,000円 各13,000円
管理組合以外 各31,000円 各19,000円

※参考:公益財団法人マンション管理センター|長期修繕計画作成・修繕積立金算出サービス

管理計画認定手続支援サービス

マンション管理センターは、インターネット上で管理計画の認定申請手続きを行える「管理計画認定手続支援サービス」を提供しています。

令和2年に「マンションの管理の適正化の推進に関する法律及びマンションの建替え等の円滑化に関する法律の一部を改正する法律」が公布され、地方公共団体による認定制度などが創設されました。

これに伴い、マンション管理センターは「管理計画認定手続支援サービス」を開始。

電子システム上で必要事項を入力すれば、申請書類を自動生成できるようになりました。

なお、申請者は、サービスの利用時に下記利用料を支払う必要があります。

  1. システム利用料 :1申請あたり10,000円(税込)
  2. 事前確認審査料 :マンション管理士が事前確認を行う際に要する手数料

管理計画認定手続支援サービスには、複数の申請パターンが設けられています。

申請パターンによって、事前確認審査料や手続きの流れが異なるため、注意しましょう。

詳しくは公式サイトよりご確認ください。

相談対応

マンション管理センターは、「マンション管理適正化推進センター」の指定団体として、相談窓口を開設しています。

相談窓口では、公平・中立的な立場からマンション管理に関する相談を受け、アドバイスを実施。

また、相談事例をQ&A形式で公開しています。

なお、マンション管理センターは中立の立場であるため、当事者間の仲裁や、企業および弁護士の紹介には対応していません。

相談を希望する際は、電話・面談またはメールによる問い合わせが可能です。

各問い合わせ先やメールフォームは、公式サイトよりご確認ください。

マンション管理センター通信の発行

マンション管理センターは、マンション管理組合向けの月刊誌「マンション管理センター通信」を発行しています。

マンション管理センター通信の内容は、マンション管理上の相談事例や、専門家による解説・管理セミナーの案内などが中心。

マンション管理に役立つタイムリーな情報を得られます。

また、登録管理組合にはマンション管理センター通信が毎月送付されます。

なお、マンション管理センター通信は1部415円で購入可能ですが、購読会員制度による定期購読も利用可能です。

定期購読の費用は、以下の通りです。

定期購読費(年額)払込方法購読期間
初年度4,980円郵便振込1年単位
次年度以降1年単位口座振替1年単位

※参考:公益財団法人マンション管理センター|マンション管理センター通信

まとめ

以下に、本コラムのまとめを記載します。

  • マンション管理センターは、マンション管理士資格の指定登録機関である
  • マンション管理センターの主な活動内容は、長期修繕計画の作成や、相談対応など
  • マンション管理センターは、国内唯一のマンション管理適正化推進センターである

マンション管理センターは、管理組合の支援を行う公益財団法人です。

また、マンション管理センターが実施するマンション管理士試験に合格し、登録を行えば、マンション管理士として管理組合のコンサルティングに携わることができます。

アガルートアカデミーでは、マンション管理士の資格取得を目指す方を対象とした通信講座を提供しています。

初学者向け・学習経験者向けの2つのコースを実施しており、学習レベルに合わせて選択可能です。

効率よく資格取得を目指したい方は、通信講座の利用も視野に入れてみましょう。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!