マンション管理士の年収はどの程度なのでしょうか?また、年収1,000万円を目指せる資格なのでしょうか。

このコラムでは、マンション管理士の平均年収や、年収1,000万円を目指せる資格なのか解説します。

年収1,000万円以上を稼ぐマンション管理士の割合、高収入を目指すために必要なポイントについても併せて見ていきましょう。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

マンション管理士の平均年収は約400万円

マンション管理士の平均年収は、一般的に約400万円といわれています。

令和5年賃金構造基本統計調査による不動産業全体の平均年収は約536万円(きまって支給する現金給与額約34万円*12+年間賞与その他特別給与額約127万円)であるため、マンション管理士の年収は不動産業界全般より低く見えます。

とはいえ、マンション管理士の資格は不動産業界、中でもマンション管理業界などでの転職には有利に働くこともあるため、マンション管理士の資格を取得して年収の高い会社に転職し、収入アップをはかることもできるでしょう。

また、会社によってはマンション管理士の資格を所持していることで、資格手当が出ることもあります。

他の不動産系国家資格と年収を比較すると?

マンション管理士に加え、宅建士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士の合計4資格を「不動産国家資格四冠」と呼ぶことがあります。

その名の通りどの資格も国家資格です。では、この国家資格の中でマンション管理士の年収はどの程度の位置付けなのでしょうか?

結論としては以下の通りで、宅建が一般に500万程度であるのに対し、マンション管理士を含めた他の不動産系国家資格は概ね400万円と言われています。

資格年収
宅建500万
マンション管理士400万
管理業務主任者300~500万
賃貸不動産経営管理士400万
※必ずしも厳密な調査が行われているわけではなく、あくまで一般的にこうだと言われている値です。

マンション管理士は年収1,000万円を目指せる資格なのか?

結論からいうと、マンション管理士は年収1,000万円を目指せる資格といえます。

後述するように、マンション管理士として年収1,000万円を稼いでいる人もいます。

ただし、事務所で待っているだけで仕事が入ってくるような資格ではないため、積極的な広報活動など相応の努力は必要です。

年収1,000万円を超えるマンション管理士の割合

マンション管理センター『マンション管理士の業務についてのアンケート調査結果の概要』によると、マンション管理士を本業として活動を行っている者のうち、1年間の年間売上高1,000万円以上2,000万円未満の割合が2.3%、2,000万円以上が3.0%という結果となっています。

厳密にいえば、年間売上高と年収は異なりますが、マンション管理士の仕事は管理規約等の素案の作成や大規模修繕工事へのアドバイスなどであり、費用が余りかかりません。

そのため、年収1,000万円以上のマンション管理士は存在すると考えられます。

あまり多くはありませんが、マンション管理士は年収1,000万円以上の年収を目指すことができる資格であるといえます。

年収1,000万円を超える稼げるマンション管理士になる3つのポイント

年収1,000万円以上のマンション管理士になるためのポイントは、以下のようなものが挙げられます。

  • 独立して開業する
  • 他の資格を取得して職域を広げる
  • おっ区の人に自分を売り込む

以下で詳しく見ていきます。

①独立して開業をする

マンション管理士を募集している求人サイトを見てみると、年収350~500万円が相場となっており、1,000万円以上の求人は滅多にありません。

マンション管理士が、会社に勤務しつつ年収1,000万円を目指すのは容易なことではありません。

そこで、まずは会社で勤務してマンション管理士の仕事のノウハウを蓄積し、その後独立開業を行うことで、高い年収を得るという方法があります。

独立開業後は、豊富な経験と知識を活かして年収1,000万円以上を目指せるかもしれません。

②他の資格を取得して職域を広げる

マンション管理士以外の資格を取得し、他の資格と組み合わせることで高い年収を期待できます。

マンション管理センター『マンション管理士の業務についてのアンケート調査結果の概要』によれば、マンション管理士以外に取得している資格としては管理業務主任者が85.2%、宅建士が77.8%となっています。

マンション管理士と同じ不動産関連の資格が、ダブルライセンスとして人気です。

また、不動産関連の資格以外でも、ファイナンシャルプランナー(22.9%)、建築士(11.9%)行政書士(11.1%)といった資格を取得し活躍している方もいます。

マンション管理士と他資格を組み合わせることで、職域が広がり携われる業務も多くなります。

③多くの人に自分を売り込む

収入を増やすためには、仕事を多くこなす必要があります。

マンション管理センター『マンション管理士の業務についてのアンケート調査結果の概要』によると、業務受注のきっかけとして多いのが、所属する団体や関係者からの紹介や相談会やセミナー講師の活動といったものです。

このように、多くの人に自分を売り込むことで案件受注につながる可能性も十分考えられます。

広報活動や相談会へ積極的に参加することも、年収アップの方法だとといえます。

まとめ

以上でマンション管理士の資格で年収1,000万円を目指すことができるかについての解説を終わります。

ぜひ、マンション管理士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!