TOEFL

初心者必見!TOEFL ITP®で500点以上を取る勉強法と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOEFL ITP®は、大学のクラス分けや成績評価、留学の際に使用される団体向けのテスト。英語試験とは違い、高いリスニング・リーディング能力が求められます。

はじめてTOEFL ITP®を受験する方の多くが、「そもそも何から手をつければ良いのかわからない」「スコアを上げる効率的な勉強法がわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか。

そこで今回は、TOEFL ITP®の平均スコアや500点以上を目指す勉強法と対策について解説します。

効率化を徹底的に考え抜いたカリキュラム

プロの英語コーチと外国人講師がマンツーマンで伴走

TOEFL®・IELTSに特化

TOEFL ITP®とは?

TOEFL ITP®とは、アメリカの非営利教育団体ETS(Educational Testing Service)によって作成・提供されている団体向けテストです。

TOEFL ITP®は、英語力を測る指標として以下のような目的で利用されています。

  • 大学のクラス分け
  • 留学希望者の選定
  • 外資系企業が社員の英語力判定

テストはマークシート形式となっており、地理や生物学、歴史、美術など幅広いトピックから出題。

リスニング・文法・リーディングといった3つセクションで構成され、レベル1とレベル2の2つにわかれています。

【レベル1(中級~上級)】

セクション問題数回答時間スコアの範囲
リスニング50問約35分31~68
文法40問約25分31~68
リーディング50問約55分31~67
合計140問約115分310~677

【レベル2(初級~中級)】

セクション問題数回答時間スコアの範囲
リスニング30問約22分20~50
文法25問約17分20~50
リーディング40問約31分20~50
合計95問約70分200~500

TOEFL iBT®︎との違い

アメリカやカナダなど英語圏の大学に留学する際、英語力を判断する指標として使用されるのがTOEFL iBT®︎です。

TOEFL ITP®は、学校内のクラス分けや企業での英語力測定というように用途が限定されています。

留学希望者が海外の大学に対して英語能力をアピールするのであれば、TOEFL iBT®︎を受験した方が良いでしょう。

また、TOEFL ITP®とTOEFL iBT®︎はテスト形式や試験時間、出題されるセクションなどさまざまな違いがあります。

TOEFL ITP®は「リスニング」「文法」「リーディング」の3技能が評価されるのに対し、TOEFL iBT®︎では「スピーキング」「ライティング」「リーディング」「リスニング」といった4技能で評価。

TOEFL iBT®︎は個人受験、TOEFL ITP®は団体受験となっています。

種類TOEFL ITP®TOEFL iBT®︎
テスト形式ペーパーもしくはパソコンパソコン
セクション・リスニング
・文法
・リーディング
・リスニング
・ライティング
・リーディング
・スピーキング
スコアレベル1:677点
レベル2:500点
120点満点
試験時間レベル1:約1時間55分
レベル2:約1時間10分
約3時間30分
会場大学や企業都道府県の指定会場
目的英語力測定海外留学

TOEFL ITP®の難易度

  • レベル1・・・難易度はTOEFL PBT®と同じ
  • レベル2・・・レベル1より難易度が低く、試験時間も短い

TOEFL ITP®レベル1はTOEFL PBT®の問題をそのまま利用しているため、難易度はPBTと同じです。

レベル1のスコアが500点以下の人を対象に作成されているTOEFL ITP®レベル2は、TOEFL PBTよりも比較的簡単かもしれません。

TOEFL ITP®の平均スコアと英語レベル

ETSが発表した「Test and Score Data Summary for the TOEFL ITP Test January-December 2019 Test Data」によると、TOEFL ITP®における日本人の平均スコアは467点となっています。

TOEFL ITP®スコア別による英語レベルの違いは、以下の通りです。

TOEFL ITP®スコア英語レベル
337~459・基礎の英語使用者
・基本的な表現を使って簡単な日常会話ができる
460~542・身近な話題について文章を作成できる
・短い文章で自分の意見や経験を説明できる
543~626・ネイティブと自然なコミュニケーションが取れる
・英語圏の大学や大学院でアカデミックなトピックを学べる
627~677・専門的な話題でもしっかりした文書を作成できる
・自分の専門分野以外でも英語を使って正確に学習できる
・ビジネスシーンでも活躍が期待できる

TOEFL ITP®で550点を取る勉強法のコツ

リスニング

リスニングで大切なのは、耳を英語に慣らすこと。

初心者の場合、たった1日英語を聞かないだけでリスニング力が鈍るといわれているため、毎日5分でも英語を聞くようにしましょう。

ちなみに、TOEFL ITP®のリスニングはレベル1・2それぞれ、A・B・C3つのパートに分かれています。公式のTOEFL用問題集を繰り返し解いて出題形式に慣れることが重要です。

  • レベル1・・・パートA(短めの会話)→パートB(長めの会話)→パートC(あるトピックに対する短めの話)
  • レベル2・・・パートA(短文)→パートB(短めの会話)→パートC(あるトピックに対する短めの話)

聞きなれない英単語が本番で出た瞬間、次の単語が耳に入らず内容がわからなくなってしまうことはよくあるものです。

全体の会話の中にヒントがあるケースも多いことから、わからない単語を無理に理解しようとせず次の音声に集中しましょう。

問題を解き終わったら、スクリプトを必ず確認し聞き取れなかった単語をすべて調べましょう。繰り返し聞くことで、耳が英語に慣れて自然と聞き取れるようになります。

リーディング

リーディングで高得点を狙うには、速読力が必須です。リスニングと同じく慣れが必要となるため公式問題集を繰り返し解きましょう。

リーディングの制限時間は、レベル1が50分、レベル2では40分となっており、限られた時間でいかに速読できるかが鍵となります。

わからない単語があまりにも多すぎる場合、前後の文脈・単語から文章の内容を推測しなければならず理解するまでに時間がかかるでしょう。

単語や熟語は、実際に使われている例文とセットで覚えるのがおすすめです。

文法

中学・高校生で学ぶ基礎的な問題が多く出題される文法は、高得点を狙いやすいセクションです。

中学・高校英語の参考書を繰り返し読んでインプット、問題集を解いてアウトプットする勉強法をおすすめします。

TOEFL ITP®で600点を目指すためにすべき対策は?

リスニング

TOEFL ITP®で600点以上のスコアを取るには、シャドーイングを取り入れた学習がおすすめです。シャドーイング(Shadowing)とは、英語を聞きながら真似して発音するトレーニング方法

最初は音声の1~2秒後にスクリプトを読んでいき、慣れてきたらスクリプトを見ずにシャドーイングを行いましょう。

棒読みするのではなく、発音・アクセント・イントネーションといったネイティブの発音を真似することでリスニング力がアップします。

リーディング

TOEFL ITP®で出題されるリーディングは、250~350語の英単語で構成されています。

制限時間内にすべて解き終えるポイントは、一文をじっくり読んで理解するというよりもざっくり読んで全体の話の流れを把握すること。

そこで必要となるのが、短時間で全体の内容を理解する速読のスキルです。

TOEFL ITP®テスト公式問題集を解くのはもちろん、英語の学術雑誌を読んだり英語音声・英語字幕で映画を観たりするのも英文の理解力アップに役立ちます。

文法

TOEFL ITP®で文法セクションのスコアを上げるには、本番に近いカタチの実戦問題集を何度も繰り返し解く勉強法がおすすめです。

1周目は間違えた問題の解説を読み、なぜその回答になるのか100%理解できるようにしましょう。

そして2周目は間違えた問題だけを集中的に解き、全問正解できるようになってから新しい問題集に取り掛かる方が良さそうです。

まとめ

TOEFL ITP®にはリスニング・リーディング・文法の3つのセクションがあり、それぞれ勉強法が異なります。

リスニングを強化するならシャドーイング、文法の基礎を身につけるのであれば中学・高校生の英語教材を読み漁るという具合に、各セクションに合わせた対策を行うことで高得点を狙える可能性も十分にあるでしょう。

試験本番の1ヶ月前は、時間を計りながらTOEFL ITP®公式の過去問を繰り返し解くのも効果的です。今回紹介した勉強法やコツをぜひ試してみてください。

効率化を徹底的に考え抜いたカリキュラム

プロの英語コーチと外国人講師がマンツーマンで伴走

TOEFL®・IELTSに特化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

電話・Zoom・メールで聞ける!