マンション管理業協会は、管理業務主任者試験を実施している団体です。

協会の名前は知っていても、正確な活動内容を把握していないという方も多いのではないでしょうか。

本コラムでは、マンション管理業協会について解説します。

マンション管理業協会の活動内容や、マンション管理に関する資格に興味がある方は、ぜひ参考になさってください。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

マンション管理業協会とは?

一般社団法人マンション管理業協会(以下、マンション管理業協会)とは、昭和54年に設立された一般社団法人です。

マンション管理に関するさまざまな活動を行っており、管理業務主任者資格などの資格試験を実施していることでも知られています。

マンション管理業協会の前身は、「高層住宅管理問題懇談会」および「高層住宅管理懇話会」の両組織です。

また、マンション管理業協会は、マンションの管理事業を行う法人または個人に加え、賛助会員によって構成されています。

マンション管理業協会は、マンション管理業務の適正化や、良好な居住環境の確保による国民生活の向上、および社会福祉への貢献などを活動の目的としています。

マンション管理業協会の主な活動内容

ここでは、マンション管理業協会の主な活動内容について見ていきます。

  • 管理業務主任者など資格試験の実施
  • 管理業務主任者資格などの更新・研修の実施
  • 管理費等保証事業
  • マンション管理適正評価制度
  • 相談業務
  • 建物診断・長期修繕計画
  • 調査・研究

管理業務主任者など資格試験の実施

マンション管理業協会は、管理業務主任者およびマンション維持修繕技術者の資格試験を実施しています。

また、試験合格後の資格登録や、主任者証または登録証の交付にかかる手続きなども、マンション管理業協会の管轄です。

なお、管理業務主任者資格は国家資格であるのに対し、マンション維持修繕技術者資格はマンション管理業協会が認定を行う民間資格です。

以下の記事では、管理業務主任者について詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

関連コラム:管理業務主任者とは?仕事はきつい?平均年収は?意味ない資格って本当?

管理業務主任者資格などの更新・研修の実施

マンション管理業協会では、管理業務主任者資格をはじめとする各種資格の更新手続きを行っています。

また、管理業務主任者証の交付にかかる講習や、資格の更新に必要となる研修・講習なども開催します。

マンション管理業協会が行う主な研修・講習は、以下の通りです。

資格名研修・講習
管理業務主任者交付にかかる講習
登録実務講習
マンション維持修繕技術者フォローアップ研修
登録更新講習
区分所有管理士登録更新講習

管理費等保証事業

マンション管理業協会は、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」第95条に規定された指定法人として、管理費等保証事業を行っています。

管理費等保証事業の目的は、以下の2点です。

  1. 管理会社の経営破綻によって発生する金銭的被害の軽減
  2. 金銭的被害を受けた管理組合の業務支援

マンション管理業協会は、経営破綻によって被害を受けた管理会社に対し、管理費等1か月分を限度とした金銭の保証を実施します。

なお、保証の対象となるのは、協会の保証機構に加入している管理会社との管理委託契約を締結している管理組合のうち、管理会社から保証機構に届け出のあった管理組合です。

そのため、マンション管理業協会の公式サイトでは、管理費等保証契約の受諾会員の一覧を掲載しています。

マンション管理適正評価制度

マンション管理適正評価制度とは、マンション管理業協会が創設した評価制度です。

全国共通の評価基準に基づき、マンションの管理状態や管理組合の運営状態などを6段階で評価します。

評価を行うのは、マンション管理業協会が実施する「評価者講習」を受講した管理業務主任者またはマンション管理士です。

また、評価結果は、マンション管理業協会への届出によってインターネット上で情報開示されます。

マンション管理適正評価制度によって、マンション管理における課題が明確になり、管理組合における目標設定や管理状態の改善などが見込めます。

相談業務

マンション管理業協会では、分譲マンションの管理に関する相談業務を行っています。

相談には費用がかからず、電話または面談で相談できます。

加えて、メールまたはFAXでの問い合わせも可能です。

各相談方法における注意事項は、以下の通りです。

  • 電話
    相談時間:10:00〜16:30(12:00〜13:00を除く)
    相談可能時間:15分以内
  • 面談
    相談時間:10:00〜15:30(12:00〜13:00を除く)
    相談可能時間:30分以内
    電話による事前予約が必要
  • メールまたはFAX
    相談内容への回答は口頭のみ
    「相談票」に連絡先を記載すること

なお、各問い合わせ先および「相談票」のフォーマットに関しては、下記リンク先よりご確認ください。

問い合わせ先:相談業務|一般社団法人 マンション管理業協会

建物診断・長期修繕計画

マンション管理業協会では、建物診断・設備診断・長期修繕計画などを実施しています。

マンションにおける大規模修繕工事の事前調査や実施時期の検証に加え、修繕工事の仕様書案を立案。

また、診断報告書・修繕工事仕様書および工事概算金額書・長期修繕計画書をはじめとする、各種書類作成にも対応可能です。

加えて、診断費用の見積もりや、修繕工事における工事費用の算出なども行います。

診断の際に建物の現状を把握することで、管理組合による大規模修繕工事の業者選定がスムーズになります。

調査・研究

マンション管理業協会は、協会会員を対象とした動向調査や、マンション管理に関するさまざまな研究・検証を行っています。

以下に、マンション管理業協会の公式サイトに掲載されている調査・研究を紹介します。

  • 平成29年度 マンション管理適正化・再生推進事業 報告書
    マンション管理において、電子マネーやクレジットカードなどの電子決済を導入することの有効性に関する検証です。
    電子決済の運用におけるメリット・デメリット・課題などの検証を行っています。
  • 令和5年マンション管理受託動向調査結果概要
    マンション管理業協会が毎年実施している調査です。
    マンションストックに占めるマンション管理業協会会員の管理受託状況の把握を目的としています。

なお、これらの調査結果報告書は、1冊あたり税込2,200円(会員価格:1冊あたり税込1,650円)で購入することができます。

購入を希望される方は、下記リンク先よりお申し込みください。

購入先:調査結果|一般社団法人 マンション管理業協会

まとめ

以下に、本コラムのまとめを記載します。

  • マンション管理業協会は、管理業務主任者試験の実施団体である
  • マンション管理業協会は、主にマンションの管理事業者によって構成されている
  • マンション管理業協会は、管理費等保証事業や相談業務なども行っている

マンション管理業協会は、管理業務主任者試験の実施以外にもさまざまな業務を行っています。

マンション管理関連業務に興味がある方は、管理業務主任者マンション管理士などの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

アガルートアカデミーでは、管理業務主任者試験を目指す方を対象としたカリキュラムを提供しています。

また、「ダブル合格入門カリキュラム」なら、マンション管理士とのダブルライセンスも目指せます

興味がある方は、無料のオンライン受講相談や資料請求などを利用してみましょう。

関連コラム:管理業務主任者とは?仕事はきつい?平均年収は?意味ない資格って本当?

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!