管理業務主任者試験の試験会場は、どこにあるのでしょうか?
どういったものが必要となるのでしょうか?

管理業務主任者試験を目指している方にとって、試験会場に関する情報は気になるのではないかと思います。
試験会場を事前に知っておけば当日慌てることなく、普段の実力を発揮できるため、出来れば早めに知っておきたいことでしょう。

そこで、管理業務主任者試験の試験会場と持ち物に関する情報をこのコラムでは解説します。

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!

管理業務主任者の試験会場はどこ?

2024年度(令和6年度)の管理業務主任者試験の試験会場については、現段階では情報が公式には出ていません。

以下では、参考までに2023年度(令和5年度)の情報を見ていきます。

令和5年度 管理業務主任者試験 実施要領」によると、以下の8都市及びその周辺地域に試験会場が設置されています。

都道府県名
北海道
宮城県
東京都
愛知県
大阪府
広島県
福岡県
沖縄県

※なお、東京都の会場の1つは立教大学 池袋キャンパスでした。

これを見ますと、各地域の主要都市に試験会場があることが分かります。

全国にあるわけではないため、これらの都市から離れた地域に居住している方は、試験時間に間に合うように早い時間に出発することや、試験会場近くの宿泊施設に前泊するといった対策を取る必要があります。

具体的な試験会場については、会場の総数のみが公表されており、個々の試験会場については公表されていません。

試験会場は選べる?

受験地域によっては、複数の試験会場が設置されている都道府県があります。

この場合、自分の家に近い試験会場を選択して、当日の移動距離を少なくしたいと思うでしょう。

しかし、大阪府や東京都など、受験地域を選択することは出来ますが、試験会場の選択はできません。

試験会場は試験の実施機関であるマンション管理業協会が指定し、受験生は指定された試験会場で受験しなければなりません。

そのため、仮に居住地の近くに試験会場があっても遠くの試験会場を指定された場合には、指定された試験会場に行かなければなりません。

この場合には近くにある試験会場に赴いても受験することはできません。

※関連コラム:マンション管理士試験・管理業務主任者試験の概要

試験会場はいつ決まる?

試験会場はマンション管理業協会により指定されますが、例年11月中旬より発送される受験票に受験生の試験会場が記載されています。

この受験票の発送により受験する試験会場が決まり、また通知を受けるということになります。

受験票を受け取ってから試験日まで例年2週間程度しかありません。

移動手段を検討する必要があるため、受験票を受け取った後すみやかに試験会場を確認しましょう。

試験会場は変更できる?

試験会場が複数設置されている都道府県の場合、指定されている試験会場が遠く、近くにある試験会場に変更したいと考えるかもしれません。

しかし、試験会場の変更は一切認められておらず、変更することはできません。

そのため、仮に近くに試験会場がある場合であっても、指定された試験会場で受験する必要があります。

引越しをした場合、試験会場はどうなる?

引っ越しなどで住所が変わった場合、指定された試験会場より別の受験地域・試験会場の方が近く、そちらに変更したいと思うかもしれません。

しかし、この場合であっても受験地域や試験会場を変更することは認められておらず、従って試験会場の変更はできません。

遠隔地に引っ越しをした場合であっても、指定された試験会場まで赴き、受験をする必要があります。

もし受験申込みの前に引っ越しが決まっている場合には、引っ越し先の居住地から近い受験地域を選択しましょう。

管理業務主任者試験での持ち物一覧

管理業務主任者試験当日の持ち物は以下の通りです

  • 受験票
  • 鉛筆orシャープペンシル
  • 消しゴム
  • 鉛筆削り(鉛筆を使う方のみ)
  • 腕時計
  • 問題集・参考書
  • マスク

言うまでもなく「受験票」は必須です。
試験直前に「忘れてしまった!」とパニックにならないように試験の前日にはカバンにいれておきましょう。

「鉛筆」や「シャープペンシル」は壊れたり落としたりする可能性もあるので、複数本もっていくと安心です。
「消しゴム」も予備として2個持っていくといいでしょう。

試験会場によっては時計が置いてないところもあります。
時計があったとしても座る位置によっては見えづらい場合もありますので、「腕時計」を持っていくことをおすすめします。

腕時計は計算機能がなく、音の鳴らないシンプルなものを持っていってください。
通信機能が付いている腕時計型携帯電話(スマートウォッチ)は、不正行為の防止のため、時計として使用することはできません。

お守りがわりに使用していた「問題集」や「テキスト」もあれば安心です。

試験会場は人が集まる場でもあります。
コロナウイルスの感染予防のため「マスク」を着用し、予備としてもう1枚持っていくことを推奨します。

管理業務主任者の合格率や合格点、難易度については下記記事をご確認ください。

まとめ

管理業務主任者試験の試験会場と持ち物について解説しました。

指定された試験会場が判明したら、使用する交通機関や乗車時刻などを早めに調べておき、当日は慌てることなく試験会場へ到着しましょう。

※関連記事「マンション管理士試験・管理業務主任者試験の概要【最新版】

マンション管理士試験・管理業務主任者試験の通信講座・予備校

令和5年度マンション管理士試験のアガルート受講生の合格率は42.64%(全国平均の4.22倍)

令和5年度管理業務主任者試験のアガルート受講生の合格率は61.60%(全国平均の2.81倍)

資料請求で対策ができる講義とテキストを無料でプレゼント!
  ・区分所有法 1冊
  ・講義時間 240分

1分で簡単無料体験(※会員登録後お申込みいただくと視聴できます)

20日間無料で講義を体験!