HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験コラム > 司法試験コラム | 法曹三者になるためのコスト

司法試験コラム | 法曹三者になるためのコスト

法曹三者になるためには,司法試験に合格しなければなりません。しかし,司法試験合格への道のりは決して楽なものではありません。司法試験に合格するためには,不撓不屈の精神だけでなく,惜しみない自己投資が必要となります。司法試験における自己投資とはいわゆる「勉強」ですが,自己投資する際には必要となる様々なコストにも目を向けなければなりません。

お金だけがコストではない

自己投資におけるコストと聞くと,どうしても経済面だけに目を向けがちです。参考書の購入や予備校の講座の申込みといった経済的なコストだけでなく,「時間」も同様にコストといえます。時間というコストを無駄に消費してしまっては,当然ながら合格は遠のくばかりです。時間を有効活用するためには,自分がどれほどの勉強時間を確保できるのかを把握したうえで,時間をいかにして活用するかを考える必要があります。

司法試験においては,論文式試験に出題される可能性の高い重要基本分野はもちろん,短答式試験プロパーの条文・判例に関する細かい知識も度外視できません。膨大な範囲にわたる司法試験に合格するためには,時間コストの活用こそが最高の自己投資となります。

自分に合った自己投資を

自己投資の方法は万人に共通するものではありません。自分の経済面や時間コストを把握し,自己流の学習計画を立てることが最適です。もちろん,他の人の学習計画を参考にするのも有効ですが,あくまで「自分に合った学習方法」を編み出すことを念頭に置きましょう。

例えば,独学に自信が無いのであれば法科大学院・予備校に通うという手段がありますが,授業・講義の時間だけでなく,通学・帰宅の時間をいかにして活用するか,自分にとって必要な授業・不要な授業はあるのか,帰宅後の自主学習をいかにして進めるのかなど,細かくスケジューリングすることが大切です。自分に合った自己投資を行い,効率良く勉強を進めてください。

アガルートアカデミーでは,司法試験対策・予備試験対策・法科大学院入試の合格に向け,最適な講座・カリキュラムをご用意しています。自宅にいながら予備校の授業を受けることができるので,時間コストを効率良く活用することができます。可処分時間を最大限に利用することで,早期合格を目指しましょう。