HOME > 行政書士試験 > 行政書士コラム > 行政書士試験コラム | 受験する3つのメリット

行政書士試験コラム | 受験する3つのメリット

法関係の資格を取得したいとお考えなら,行政書士試験を受けてみませんか。行政書士試験は受験資格がなく,どなたでも受験することができます。こちらでは,行政書士試験を受ける3つのメリットについてご説明いたします。

1 法律について広く学ぶことができる

 法律を扱う国家資格はいくつかありますが,幅広い法律の知識が必要な試験は司法試験・司法書士試験・行政書士試験くらいしかありません。一つの分野に特化した知識を身につけるのも良いですが,法律に興味を持っている方は行政書士の勉強の方が楽しめると思います。
 幅広いといっても司法試験のように刑法・刑事訴訟法も含めて,全ての法律について学ぶわけではありません。行政書士が学ぶのは,日常生活や仕事にもっともかかわりの深い法律である民法・憲法・行政法・商法です。これに一般知識が加わったものが行政書士試験に出題されますので,行政書士試験を通じて,生活や仕事に役立つ法律知識を効率的に学ぶことができます。

2 他の資格取得へのきっかけになる

 社会保険労務士

 社会保険労務士の試験を受験するためには,原則として大学・短大の卒業もしくは一定数以上の単位の取得が必要となりますが,行政書士資格を持っていれば,大学に進学していなくても社会保険労務士試験の受験資格が与えられます。詳細は,こちら

 税理士

 税理士試験の受験でも同様に,行政書士としての業務従事期間が2年以上経つと,税理士試験の受験資格が与えられます。詳細はこちら

 弁理士

 行政書士に登録していると,弁理士試験の論文式試験の選択科目(「法律(弁理士の業務に関する法律)」科目)が免除になります。詳細は,こちら

 司法試験予備試験

 司法試験予備試験は,法科大学院を修了しなくても司法試験を受験する資格を得ることができる試験です。司法試験予備試験の出題範囲は,行政書士試験の出題範囲を包含する関係にあります。また,科目によっては,行政書士試験の方が高度な場合もあり,行政書士試験の学習は,司法試験予備試験を受験する上で,大いに役に立ちます。実際,多くの予備試験受験生が,行政書士試験を足がかりとしています。詳細はこちら

このように,行政書士試験は他の資格を取得するきっかけになります。資格取得に向けた勉強方法や試験対策を行政書士試験の際に身につけておけば,次の資格試験の勉強も効率良く行うことができるでしょう。

3 独立開業をすることができる

 行政書士は国家資格なので,一度行政書士試験に合格した人は一生行政書士の資格が保たれます。また,資格取得後はいつでも行政書士登録ができ,独立開業することができます。将来的に独立を考えている方や,今後の保険として手に職をつけたいとお考えなら,行政書士試験の勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

 行政書士の仕事・収入について

【行政書士の仕事・収入】

 →行政書士が登録を受けた後,具体的にどのような仕事をしているのか,行政書士になったら毎月どれくらいの収入が見込めるのか説明しています