HOME > 行政書士試験 > 行政書士コラム > 行政書士試験コラム | 行政書士の勉強は時間が勝負

行政書士試験コラム | 行政書士の勉強は時間が勝負

行政書士は社会人のキャリアアップに人気の資格となっております。そのため、毎年多くの受験者が行政書士試験に挑むのですが、やはり難関ということもあり、多くの受験者が望む結果を得ていません。しかし、たとえ行政書士試験が難関でも、きちんと対策を行うことで合格を勝ち取ることができます。

社会人でも合格は可能か

社会人は学生と比べると時間的余裕が少ないかもしれませんが、十分に合格は可能です。まず、行政書士試験に合格するための勉強時間の目安としては、300時間~800時間と言われております。ずいぶんと幅がありますが、これは個人の勉強方法や集中力、予備知識等によって大きく左右されるためです。法学部出身者や法律関係の知識をある程度持っている方であれば少ない時間で済みますが、全く知識が無い状態だと、多くの時間を確保する必要があります。学生よりも時間的余裕が少ない社会人は、効率良く勉強が進む学習計画を立てなければなりません。

時間の活用方法として

勉強時間の確保が難しい社会人は、スキマ時間を活用するのが有効です。スキマ時間とは、通勤時間や会社の休憩時間など、勉強に活用できる時間のことを指します。ほんの30分程度しか時間がとれない方もいらっしゃるかもしれませんが、これを1週間続ければ計算上3時間30分も勉強の時間が確保できます。スキマ時間に参考書に目を通したり重要語句をおさえるだけでも効果がありますので、積極的に活用してください。

また、仕事終わりに夜間の予備校を利用するのも手段のひとつですが、現在はオンライン講座を利用して予備校の授業を受けることもできます。
仕事を終え足早に帰宅し、自分のペースで予備校の授業を受けられるのがオンライン講座の最大の利点です。

資格試験予備校のアガルートアカデミーでは、行政書士試験の資格講座を受講することができます。値段の安さを強みのひとつとしていますが、それ以上に質の高い講義、教材、受講環境を整え、合格へとお導きいたします。