HOME > ファイナンシャルプランナー > FP3級・FP2級を目指す方へ

FP3級・FP2級を目指す方へ

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

FP(ファイナンシャルプランナー)とは,家計にかかわる金融,税制,不動産,住宅ローン,保険,教育資金,年金制度など幅広い知識をもとに,ファイナンシャル・プランニング(顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談)を立てて,相談者である個人の夢や目標をかなえるためのサポートをし,主に経済的な側面から実現に導く専門家です。

老後生活に向けて自助努力が求められたり,iDeCoやNISAなどを使った個人の資産運用が開始されるなど,個人でもお金に関する様々な知識が要求される現在において,注目されている職業の一つです。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは 【長橋紗綾講師】

FP技能検定試験とは

FP技能検定試験とは,ファイナンシャル・プランニングの技能を認定する国家資格であり,これに合格すると,ファイナンシャル・プランニング技能士を称することができるようになります(名称独占資格)。

現在,日本FP協会ときんざいが指定試験機関として,3級と2級は年3回,1級は年2回,実施しています。試験の内容は,学科と実技の2種類があり,学科試験は日本FP協会ときんざいともに共通の問題ですが,実技はそれぞれ異なる問題が出題されています。

3級は比較的易しく個人の方が教養として身につける知識レベルです。2級は難易度が上がり,仕事としてファイナンシャルプランニングを実施したり,独立を目指す方が取得する知識レベルです。

3級技能検定 2級技能検定
FP技能検定の内容 学科 A.ライフプランニングと資金計画,B.リスク管理,C.金融資産運用
D.タックスプランニング,E.不動産,F.相続・事業承継
実技 資産設計提案業務(日本FP協会)
受験資格 なし (1)3級技能検定の合格者
(2)FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
(3)日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
(4)厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
試験実施団体 日本FP協会及びきんざい
試験日 1月,5月,9月
合格基準 学科・実技ともに6割の正答
学科及び実技の両方とも6割を超えると合格
※一部合格制度あり。翌々年度末まで一部合格試験の受験の免除あり
試験形式 学科 マークシート形式 マークシート形式
実技 マークシート形式 記述式
受験手数料 学科 3000円 4200円
実技 3000円 4500円

FP(ファイナンシャルプランナー)になるには

FP技能検定は,いわゆる業務独占資格ではありませんので,FP技能検定に合格することがFPとして活躍するための必須の条件という訳ではありませんが,FPとして業務を行っている方は,FP技能検定2級以上の資格を有している方がほとんどです。

FP技能検定2級を合格する程度の知識がなければ,実際にファイナンシャルプランニングを立てることは難しいですし,顧客の信頼を得ることもできないからです。
そのため,保険会社などの金融機関では,FP2級以上の取得を推奨しているところも少なくありません。

2級取得への道

実務で活躍するための条件ともいえるFP技能検定2級ですが,いきなり受験することはできず,まずは受験資格を得る必要があります。
2級技能検定は,以下の4つ条件のうち1つでも満たしていれば,受験することができます。

  • (1)3級技能検定の合格者
  • (2)FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
  • (3)日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • (4)厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

金融機関や保険会社の代理店に2年以上勤務されている方は,(2)の実務経験で受験資格を得ることができます。

それ以外の方は,(1)3級技能検定を合格するか,(3)AFP認定研修を修了して受験資格を得る方が多いようです。

3級技能検定と2級技能検定は,出題範囲が大部分重なっていますし,まずは3級から受験して2級を目指すというのは,ステップアップとして適していますし,年に3回チャンスがあって3級試験の4か月後に2級試験が待っているわけですから,学習期間との関係でもちょうどよいといえます。
そのため,アガルートアカデミーでは,(1)3級技能検定の合格から2級を目指す道のりをお勧めしています。

FP2級合格講座へ

Page Top