HOME > 国内MBA > MBA(経営学修士)とは

MBA(経営学修士)とは

MBA(経営学修士)とは

MBAは、米国において企業経営を科学的アプローチによって捉え、経営の近代化を進めるとの考え方のもとに、19世紀末に登場した高等教育コースです。

1881年にウォートン・スクールが最初のビジネススクールとして設立され、1920年代にはハーバード・ビジネス・スクールが状況分析と経営判断の能力を訓練するケースメソッドという教育アプローチを開発し、多くのビジネススクールに採用されるようになりました。

日本では、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)が1962年に創立された、最も歴史のあるビジネススクールです。

現在では、全国の大学院でMBAコースが開講されています。国公立では京都大学、神戸大学、大阪大学、兵庫県立大学、筑波大学、首都大学、横浜国立大学、一橋大学、東京工業大学、北海道大学、小樽商科大学、九州大学などで、私立では先の慶應義塾大学以外では、青山学院大学、明治大学、立教大学、中央大学、早稲田大学、東洋大学、多摩大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、名古屋商科大学、グロービス経営大学院などで開講されています。

MBAで学ぶ意義

MBAで学ぶ意義として、企業経営に関するゼネラリストとしての知識が得られることによって、将来の経営者的なポジションに向けた準備ができることです。日本の場合は崩れてきたとはいえ、いまだに多くの企業が年功序列を採用しています。そのため、経営的なポジションに就くのは比較的年齢が上がった時点になります。それまでは現場で一つの職能のプロとして仕事をしていきます。一つの職能というのは、営業なら営業だけをする、製造なら製造だけをする、ということです。一つの職能のプロとして経験を積んでいった先に経営者としてのポジションが待っているというのが日本企業のマネジメントの実態です。しかし、そこには大きな問題があります。それは経営者というのは、すべての職能(例えば、営業、製造、研究開発、会計・経理、ファイナンス、マーケティング、全社戦略、事業戦略)を把握した上で意思決定をすることが仕事なのですが、一つの職能しか知らない人には上記のすべての職能を把握した上での意思決定はできないということです。

では、どのようにしてすべての職能に関する知識を得るのでしょうか?そのすべての職能に関する知識を身に付ける場がMBAなのです。実務では特定の職能しか経験できないために、すべての職能を経験して学ぶことはできません。その実務で学ぶことができない職能に関して学ぶ機会がMBAであり、MBAでの学習によって将来経営的なポジションに就いた時に全社的な視点で的確な意思決定ができるようになるのです。

以上のように、経営のゼネラリストとしての知識やスキルが得られるのがMBAなのです。そのため将来的に経営のポジションを担うビジネスマンに人気となっています。

MBAを取得するメリット(MBAの価値とは)

MBAを取得するメリットとして、一つ目は先に説明した通り、経営者になるためのゼネラリスト教育を受けることができ、将来の経営的なポジションに就いた時の準備ができる点です。

二つ目のメリットは、人脈ができる点です。日本を拠点にビジネスを行う場合の人脈ができるのです。国内MBAに通っている方は多くが日本でビジネスを行っている方です。その場合、日本での人脈が直近ですぐに活かせるという点が重要になります。この日本人(留学生も含む)との日本での様々な業界の人との人脈ができるというのは国内MBAの大きなメリットだと思います。実際に国内MBAで得た人脈を大いに活用してビジネスをおこなっている人も多くいます。例えば、MBA修了後に起業をした方にはIPOを目指している会社もあります。IPOを目指すということはそれなりの規模が必要になるため、創業時やシード期にはかなりの資金が必要になります。その資金調達をMBAの同期や後輩などに声をかけて、彼らから出資をしてもらい会社を維持しているというケースがあります。そして個人投資家では足りない場合は、MBAでお世話になった先生からベンチャーキャピタルを紹介してもらい資金調達をしているといったこともあります。といった感じでMBAの同期や後輩、そしてお世話になった先生方との人脈があって、IPOを目指す会社を経営している事例があるのです。

他にも、国内MBAで知り合ったことをキッカケに、その方が働いている会社にヘッドハンティングで転職した方なども多くいます。というように一つの会社にいたのでは実現できないようなキャリアが国内MBAでの人脈をもとに実現できている事例は多いです。

MBAを取得する難易度

入試の難易度

国内MBAの入試内容は、ほとんどすべての大学院で課せられているのが、志望理由書や研究計画書といった出願書類です。この志望理由書や研究計画書という事前に大学院に提出する書類が合否上はかなり重要になります。

この志望理由書や研究計画書という書類は、国内MBAに進学しようという意識を持った社会人でしたら、それなりの問題をお持ちだと思いますので、どなたでも作成可能だと思います。

ただ、研究計画書に関しては、自身の実務経験からの問題意識を研究テーマに昇華させるにはそれなりの努力や深い思考力が必要になると思います。

出願書類以外では、一部の難易度が高い大学院では小論文が課せられています。例えば、京大、慶應、神戸、首都大、筑波、東工大、一橋、横国、早稲田などでは小論文が課せられています。この小論文は経営学の知識や時事問題に関する問題、論理的に考える力を試す問題などが出題されます。小論文に合格するには、経営学の知識がない方は経営学に関して基礎的なことは学ぶ必要があります。また普段文章を論理的に書くということをしていない方は、ある程度訓練をしないと論理的な文章を時間内で書くことはできないと思います。

そして最後が面接になります。国内MBAの面接は就職の面接とほぼ同じだと思います。就職の面接の最終面接とほぼ同じような位置づけかと思います。学校の風土に合っているか、他の学生と協調してやっていくことができるか、日々の仕事で問題意識を持って取り組んでいるか、といった点が確かめられるような内容の面接です。なので小論文のような事前準備はそれほど必要はありません。ただ、神戸、首都大、筑波、東工大、一橋、横国などのアカデミック系の国内MBAの場合は、研究に関することを深く質問される場合もありますので、研究計画書に書いたことはしっかり答えられるように準備しておくべきです。

その他、多くの受験生が気にしているのが英語力に関してです。神戸、一橋(全日制)など英語の試験が課せられている大学院は試験ができるように準備しておいた方がいいです。TOEICのスコア添付が必須の大学院は730点以上はあった方が有利かもしれません。TOEICが任意添付の大学院はTOEICのスコアはそれほど重要ではありません。400~500点でも合格している人はたくさんいます。

以上が国内MBAの入試内容です。次は国内MBAの入試の難易度を説明しようと思います。

国内MBAの入試の難易度ですが、ちょっと前のデータですが、2016年の日経キャリアマガジンの調査結果によると、国内MBA大学院48コースの入試倍率の平均が1.64倍ということですから、全体平均としてはそれほど倍率が高い訳でなく、入試の難易度もそれほど高くはないということが言えるかと思います。

この1.64倍というのは平均値でして分散や標準偏差が表示されていませんので、倍率のバラツキがどのくらいあるかはわかりません。そこで一部の大学院は入試倍率を公表していますので、ここでは倍率が高い大学院を入試難易度が高いと解釈して、倍率が高い大学院を紹介していきます。

国内MBAの平均倍率が1.64倍ということですから、入試倍率が3倍前後の大学院は倍率が高く入試の難易度が高いと言えます。年によって倍率はバラバラですが、平均的に倍率が3倍前後の大学院を紹介します。

国公立では京都大学、神戸大学、兵庫県立大学、筑波大学、首都大学、横浜国立大学、一橋大学、東京工業大学などは年によって異なるとは思いますが、入試倍率は3倍前後だと思います。

私立では慶應義塾大学、早稲田大学は入試倍率が3倍前後になっています。ここで紹介していない大学院は、入試倍率を公表してないために正確な倍率は把握できませんが、国内MBAの平均倍率が1.64倍ということですから、ほぼ全入の大学院もかなりの数はあり、難易度は低いと予想しています。

入学後の単位取得の難易度

入学後の単位取得や卒業の難易度に関しては、私立は難易度は低いと思います。MBAとはいえ、日本の大学ですので、大学同様に基本的にほぼ100%に近い確率で卒業できると思います。

慶應義塾大学は1年次から2年次に進級する際に、一定の得点に達しない方は退学になるのですが、2017年の退学者は2.1%、 2018は0%となっておりまして、ほぼ全員が進級していることが理解できます。また早稲田大学もほぼ全員が2年間で卒業していますので、私立大学はそれほど入学後の単位取得や卒業の難易度は高くないと思います。

国公立ですが筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻に関しましては、卒業には一定のハードルがあり2年間で卒業できない人もけっこうな数いるそうです。筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻は卒業においては、アカデミックな修士論文を書く必要があり、その基準もハードルが高いために2年で卒業できない人もいます。京都大学、神戸大学、首都大学、一橋大学に関しましては、筑波大学のような2年間で卒業できなかったという声は聞きませんので、卒業におけるハードルはそこまで高くはないと思います。

ここでは早稲田MBAの夜間を例に卒業までの一般的な過ごし方を説明しようと思います。早稲田MBAは2年以上在学して1科目を2単位として50単位以上を修得し、プロジェクト研究および研究指導における指導を経てプロジェクト研究論文(8単位)を執筆します。

ですから、2単位の授業を21科目履修し、8単位のプロジェクト研究論文を書いて修了となるのです。多くの学生は1年時に卒業に必要な21単位の授業は履修を終えます。そして2年次はプロジェクト研究論文だけの履修をするという形が最も一般的な履修パターンです。そのため、1年次は週3~4日は通学する必要があります。平日に夜18時50分から週2~3日、土曜日1日(9時から)の通学をする学生が多いです。2年次はプロジェクト研究論文だけですので週1日のゼミだけの通学になる場合が多いです。

Page Top