HOME > 司法試験 > 司法試験 論文答練 > 司法試験型答練 > 司法試験型答練 | 本講座及びテキストの特長

司法試験型答練 | 本講座及びテキストの特長

工藤北斗講師作成完全オリジナル問題

本答練は,出題予想論点の選定段階から全て工藤北斗講師が関与し,作成した完全オリジナル問題でご提供します。出題予想論点の選定は,司法試験はもちろんのこと,予備試験,旧司法試験まで徹底的に分析した上で行っています。
誰よりも司法試験を知り尽くし,誰よりも司法試験の受験に精通した工藤北斗講師が作成した司法試験レベルの良問を解くことによって,万全の対策を採ることができます。
また,解説講義も工藤北斗講師が担当しますので,作問者ならではの出題意図をお伝えすることができ,本番でもより出題者の意図に即した論述を意識することが可能となるでしょう。

コンパクトなレジュメ

従来の答練の解説は,論点そのものの解説が多く,直前期の受験生にとっては,復習に時間がかかりすぎ,使いにくいという問題がありました。
本答練のレジュメは,問題文・解説・解答例・採点基準・モニター答案・モニター答案の採点基準で構成されており,論点そのものの解説は極力省いています(なお,論点について詳しく調べたいという受験生のために,問題作成に際して参考にした文献を表記しています)。

「講義内添削」システム

本答練は,工藤北斗講師が,本年度の司法試験を受験するモニター受講生の答案を講義内で添削し,採点基準にあてはめていきます。これによって,自分の答案と近いモニター答案がどのような評価を受けるのかを知ることができ,自分で添削をすることが可能となります。

※ 講義内添削システムについては,こちら

採点実感講義

2017 司法試験型答練では,谷山講師による,添削オプションをお選びいただいた受講生の答案を使った採点実感講義も実施いたします。添削オプションを購入されていない方でもご視聴できますので,他の受講生の答案を通じて,自身の学習に生かしてください。

講座のご購入はこちら