HOME > 宅建士試験 > 宅建試験 | 講座一覧 > 宅建試験 | 2017 総合講義

宅建試験 | 2017 総合講義

初学者でも安心して受講していただけるよう,法律をゼロから丁寧にお伝えする講座です。

本講座は,宅建試験を目指す方を対象に,法律の知識をゼロからお伝えする講座です。法律は難解な部分があって,真に理解するのはかなりの時間がかかります。しかし,宅建試験に合格することだけを考えるのであれば,それほど難しいものではありません。毎年繰り返し出題されているところだけをつまみ食いで押さえて,過去問を使って問題演習をすれば,十分です。
本講座では,宅建試験のほか,行政書士試験や公務員試験などでも教え,法律のプロ講師としてマルチに活躍している林講師が「宅建試験に合格するためだけに必要な知識」を分かりやすくお伝えしていきます。


担当講師:林裕太

時間
権利関係:28時間
宅建業法:14時間
法令上の制限:14時間
税その他:8時間
合計:64時間
※ 時間数は,多少前後する場合がございます。

教材発送日及び視聴開始日
権利関係:2016年12月7日
宅建業法:2017年1月11日
法令上の制限,税その他:2017年4月26日
USBメモリ:2017年5月下旬

視聴期限:2017年12月31日

本講座の特長

法律をゼロから分かりやすく説明

例えば民法。権利関係のメインとなる科目ですが,非常に範囲が広く内容も複雑ですので,多くの受験生が苦手としています。しかし,分からないからといって,暗記に走ってしまうと,範囲が広すぎる上に,似たような内容が多く出てくるため,かえって混乱して,結局,成果を出すことができません。
そのため,本講座では,法律をまったく学んだことがない方を対象に,法律が分かる講義を展開していきます。法律を理解できれば覚えやすく,忘れにくくなります。遠回りのように見えますが,理解を重視することでかえって早く確実に力が付きます。

出るところだけのコンパクト設計

宅建試験では,とても難しい問題や細かい問題が出題されることがありますが,これらは,いわゆる捨て問に当たります。宅建試験では多くの法律が試験科目になっていますので,このような捨て問まで対応しようとして学習をしていると,時間がいくらあっても足りません。
本講座では,林講師が過去問を十分に検討した上で,試験に頻出の知識に限って説明をしていきます。本講座で取り扱わない知識は,試験に出ないか,出たとしても捨て問ですので,合格には不要な知識です。合格に不要な知識は一切説明しないので,講義時間も60時間程度のコンパクト設計を実現できました。

知識を学んだら過去問で知識の使い方をマスター

試験問題は,一見正しそうな文章の中に間違いを紛れ込ませて,受験生をひっかけてきます。皆さんは,そのようなひっかけにだまされないようにしなければなりませんので,事前にそのひっかけ方を確認しておく必要があります。
そこで,講義を聞いて,知識を理解したら,すぐに覚えた知識がどのような形で試験に出題されるのかを確認していきます。覚えた知識を試験で使える知識に昇華していきますので,どんどん実力がついていきます。

価格/講座のお申込み

※USBは,MacOSには対応しておりません。

総合講義/全科目 86,000円 → 【オープン記念割引】65,000円

ご購入

総合講義/全科目/USBメモリオプション 120,000円 → 【オープン記念割引】88,000円

ご購入

総合講義/権利関係 45,000円

ご購入

総合講義/宅建業法 22,500円

ご購入

総合講義/法令上の制限 22,500円

ご購入

総合講義/税その他 13,000円

ご購入