HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験 論文答練 > 2018 司法試験型答練 > 司法試験型答練 | 合格者の声

司法試験型答練 | 合格者の声

注:2018 司法試験型答練(平成30年合格目標)から全ての方に添削をお付けしております。また,解説講義内でのモニター答案へのあてはめに代えて,実際にご提出いただいた答案に対して講評を行う,採点実感講義を実施しております。

平成29年司法試験合格者

葛西 勝さん(男性,20代,法科大学院卒業生)

アガルートの答練の一番の特徴は問題,解説,採点基準,模範答案の作成を工藤北斗講師がすべて行っているため,質が高いことです。また,複数の答案を使って採点基準への実際のあてはめ方を説明してくださるので,どのような答案が高得点を得られるのかがわかり,本番でも得点意識を持った書き方ができました。添削の質も他社より高く,根本的な弱点を指摘してもらえるので,全科目の底上げにもつながります。また,あてはめの巧拙,論じる順序など,他の予備校ではあまり指摘してもらえない細かい部分を指摘してくれるので,書き方を徹底的に矯正したかった私にとっては非常に助かりました。また,矛盾した記述や誤った記述があると,採点基準を機械的にあてはめると得点になりそうに見えても,指摘されて減点されるので,本試験に近い採点だと思います。

S.Hさん(男性,40代,社会人)

2017年司法試験型答練を答案添削を付加して受講しました。
質・分量ともに本試験並みと感じられる問題を,できるかぎり試験時間どおりに(実際はいつもオーバーしていましたが)書き上げることにより,どのくらいの速さ,時間配分で解答しなければならないかを身体に染み込ませました。
また,点数配分表が掲載されているので,どの部分にどのような配点がなされているのかがわかり,本試験の解答における取捨選択の判断の糧にできました。
また,答案の評価では,時にはかなり厳しい指摘を受けたので,十分反省して本試験に臨むことができました。
答案添削システムでは,他の優秀答案や不良答案の相互閲覧が可能だったので,それらと自分の答案とを比較検討することにより,自分の良い点,悪い点をしっかり把握し,改善を行うことができたと思います。

K.Yさん(男性,30代,社会人)

司法試験型答練を受講しました。添削付きです。アガルートの採点は多少厳し目ですが,採点者が厳しくかつ丁寧に,どこが悪かったかを明示してくれます。
出題問題も,本番に近い問題でひねりが多く難しかったと感じます。工藤先生の解説もわかりやすく,詳しすぎるときもありますが,妥協せず説明されるので,深い理解が得られます。
解説冊子は,本番直前にも読み返しました。かなり本番の問題と近いものもありました。
受けていて良かったと感じます。
添削を付けるかは自由ですが,アガルートの添削は有益なので,付けるべきだと思います。

K.Mさん(男性,20代,法科大学院卒業生)

司法試験の問題を知り尽くしている工藤先生が自ら作問されているためか,極めて実践的な事例問題となっています。また,解説は完結ながらも非常にわかりやすいものとなっており,自らの理解を深めるのに役立ちます。更に,模範答案と複数の受講者による再現答案が対比されていることで,答案として求められているものを明確にすることができ,実践的な答案の書き方を身に付けることができます。とりあえず受講して間違いはないと思います。

H.Kさん(男性,20代,社会人)

私は,司法試験型答練を受講していました。
この講座の特徴は,自己添削しなければならないところでした。確かに,第三者にみてもらうことで,自分の弱点を知ることができます。しかし,答練後の講義を聴いたり復習をした上で自己添削することでも同様の効果を得ることができます。また,第三者添削の場合には,コメントのあるところしか復習しないことが多々あるのですが,自己添削の場合,答案を一文一文みることができ,細かいミスや悪い癖に気づくことができるというメリットもあります。
さらに,解説がコンパクトにまとまっているため,他の予備校のように読む解説を選ぶ手間が省けるとともに,復習時間の短縮にもつながりました。
加えて,他の受講生の答案が4通,点数に幅があるものが掲載されており,みんなができているところ(=書かないと差がつくところ),できないところ(=書かなくても差がつかないところ)が把握でき,受験生の相場を知るとともに,復習の優先順位を付けることができました。
また,本番でも本答練で扱った問題が出ていたため,他の受験生に書き負けることなく書くことができました。

N.Yさん(男性,20代,法科大学院卒業生)

本試験と一番似ています。何が似ているかといえば,本試験は小手先の知識で解くというよりも,原理原則,基本に遡って解かなければならないところ,この答練の問題も,まさに原理原則,基本に遡って解くことを要求しているからです。内容的にも,本試験でいつ出てもおかしくない問題ばかりです。

U.Rさん【全体・34位】(男性,20代,法科大学院卒業生)

いたずらに難しい問題ではなく基礎と応用が織り交ぜられた問題であったため,初見の応用問題に対する対処方法と,自分の知らないうちに欠落している基礎部分を発見することができました。また,採点に付されたコメントも今後の勉強方針を決める上で参考になるものでした。

A.Yさん(男性,20代,法科大学院卒業生)

配点が明記されており,どの部分を論じるべきかについて工藤講師が講義で詳しく説明してくれたおかげで,本番でもどこに重点を置くべきかがよくわかりました。

I.Aさん【刑事系・40位前後】(女性,30代,法科大学院卒業生)

私の課題はきちんと読み手側に伝わる答案,読み手が何を求めているかに応じて内容が書かれている答案を書くことでした。アガルートの答練は,その点,自己採点を前提としているためとても細かく採点内容が示されているのと,各回成績の異なる答案が4人分示されているので,どうやったら点数がとれるのかとてもわかりやすかったです。
私は客観的に自分の答案を評価してもらいたいと思っていたので,添削オプションを付けました。最後までなかなか良い点がとれませんでしたが課題が見えたのと,ほかの方の答案もみることができて,とても参考になりました。

中村 駿介さん(男性,20代,法科大学院卒業生)

論点ごとにきめ細やかに示された採点基準のおかげで,復習がとてもしやすかったです。また,答案の隅に質問をすると丁寧に回答してくださり,とても助かりました。

M.Hさん【全体・44位】(男性,20代,無職)

難しいながらも,過度に細かい知識を問うことなく,基礎的な知識の応用力を試す内容であったため,過去問分析で得られた力を試す良い材料となりました。また,工藤講師がモニター答案を利用して合格ラインを示してくださったため,答案の現実的な目標を立てて本番に臨むことができました。

M.Mさん(男性,30代,社会人)

「答練」といいながらも,他の予備校の模試より,質・量ともに圧倒的に本試験問題に近いため,この答練のみを受けた。自宅で時間を図って真剣に答案を書いた。解説は簡潔で復習に時間がかからずありがたかった。解答例もオーソドックスで使い勝手が良かった。

I.Tさん【全体・88位】(男性,20代,法科大学院卒業生)

私は司法試験型答練を受講していました。正直なところ,私がアガルートの司法試験型答練を受講した理由はその価格の安さからでした。しかし,受講してからは,他の予備校ではなく,アガルートの答練を選択して正解であったと感じるようになりました。それは,各回の問題が最近の司法試験の出題傾向を踏まえて,基礎的な論点から,基礎知識からの応用問題まで幅広く出題されており,司法試験に向けてとてもよい訓練になったからです。この答練をこなすことで本番に近い形で訓練することができ,合格することができました。

N.Sさん(男性,20代,法科大学院卒業生)

インプットを重視していたとはいえ,最低限アウトプットはしなければならないと考え,受講しました。身につけた知識をどう利用するかという点で,工藤先生の解説はとても参考になりました。また,解説とモニター答案添削で,工藤先生ができなければならないところ・できなくてもよいところを伝えていただけるので,覚える必要のないところの線引きができます。勉強をしていくとついできるだけ暗記しようとしてしまうので,その意味で,インプット的な側面でも役に立ったと思います。

S.Sさん【公法系・47-50位】(男性,20代,法科大学院卒業生)

私はアガルートの答練を受講していました。アガルートの答練を何故とったかといえば,採点の質がかなり高いと聞いていたからです。実際にその質はかなり高く,自分の書き方をさらに良いものにしていけたと思います。
また,答練の問題もかなり練られている上,解説がかなり詳しかったです。これは知識不足の私としてはかなりありがたかったです。
答練は,アウトプットの練習だけでなく,インプット教材としても使えると思います。

Y.Tさん(男性,30代,法科大学院卒業生)

本番に近い形で答案練習に利用しました。問題のレベルが高いので,時間配分等,本番に近い訓練ができました。一緒に提供される答案を参照しながら,どこまで書けなければいけなかったのか,自分のできなかった原因(問題文の読み違い,判例の理解不足など)をメモし,それを次に活かすようにしていました。

M.Aさん【全体・87位】(女性,20代,大学卒業生)

予備試験合格から司法試験までの短い期間で司法試験の出題形式・タイムマネジメントに慣れるための演習として役立ちました。答案例も,それぞれの論点についての書く分量などについて現実的な答案を意識したものとなっており,合格するためにはどの程度書ければよいか考える上で大変参考になりました。

S.Yさん【全体・76位】(男性,20代,法科大学院卒業生)

司法試験に出そうな論点を厳選して問題が作成されており,非常に役に立ちました。また,解説講義では,現場思考型の問題について,限られた時間の中でどれだけ書ければ合格点に届くかの目安を提示してくれていて,本試験でもあわてずに対処することができました。

下間 俊哉さん(男性,20代,法科大学院卒業生)

問題の質が司法試験に近く,本番を想定した答案演習として非常に有益でした。さらに,添削についても今まで指摘されたことのないようなことが指摘されることがあり,自分の答案の至らない点につき再考する機会を得られ,非常に有益でした。

平成28年司法試験合格者

T.Aさん(20代,男性)

問題のクオリティに驚きました。問題の質だけで比べるならば随一だと思います。論点のチョイスから論述例まで目からウロコという感じでした。特に刑事系は素晴らしかったです。イマイチ苦手だった刑法,刑訴にメドがついたのはこの講義のおかげです。今年落ちていたらまた受講していたと思います。
解説冊子も参考文献など丁寧に挙げてあってよかったです。特に受験生の参考答案を打ち込んであるのと,採点表を添付してあるのがよかったです。他校のものは,そのまま縮小コピーしてあって読みにくい上,何点か分からないので結局解説講義は聞かなくなりましたが,アガルートは上記点に加え40分前後の短時間で解説してくれるので最後まで聞いてました。添削もよかったです。親身になって真剣に改善案を示してくれている点に好感が持てました。

Y.Tさん(20代,男性)

私は,過年度に他社の答練を受けており,その添削の酷さ,添削者のやる気のなさにうんざりしていました。そこで,同じ轍を踏みたくないという思いで,この講座に賭けてみました。結果は,大変満足のいくものでした。
添削の丁寧さは,私の予想以上でした。時には,私の答案の一文から,普段の私の勉強の方向性がズレているのではないか?と推察され,思い当たる節がありました。まるで毎回,勉強相談を兼ねているようでした。
さらに,よかったと思うのが,他科目まで横断的に見てくれた上で,トータルでのアドバイスをくれたりすることです。アガルートの添削者は,「あなたは,憲法ができているので,これ以上は深入りしなくても,よい。逆に,民法は壊滅的で,こちらに労力を傾注したほうがよい」などと,トータルバランスという観点からも,アドバイスをくれました。
こんなアドバイスは,高額なゼミを受講しない限りは,他社で受けることはありえないと思います。

K.Tさん【公法系28位,論文総合73位】(20代,男性)

本講座は,いわゆる「答練」です。しかし,他の「答練」とは異なる部分があります。それは,工藤北斗先生自らが出題を予想し,作成しているという点です。予備校の答練は色々ありますが,講師による完全オリジナルというのは珍しいと思います。司法試験を知り尽くしたプロが,判例の動向や出題傾向を分析しながら作成した,まさに「当てにいっている」問題たち。実際にいくつも的中しており,本当にとってよかったと思います。

M.Sさん【総合6位,公法系14位,民事系76位】(20代,女性)

答練にあまりお金をかけたくなかったこと,やるからには良質な問題を解きたかったことから,アガルートの答練を選びました。当初は自分で添削することに対して不安感がありましたが,採点基準が細かく記されており,どのように書けば点数が伸びるのかを確認しながら採点することができ,とても有益でした。また,民法,刑法,刑事訴訟法は特に問題が良く,何回か繰り返して解きました。

A.Kさん(20代,女性)

工藤講師の司法試験型答練を受講しましたが,他の答練と比べて問題文が短く,サンプル答案を採点するという方針がとても画期的だと思いました。問題については,工藤講師の問題意識が詰まったもので,一見簡単に見えて,ひねってあるというものが多かったです。

T.Hさん(20代,男性)

司法試験型答練は,自分の答案を他人に見てもらう貴重な機会でした。私の文章は短く,独特のこだわりがあるので,試験答案として評価されるために文体を矯正する必要がありました。本講座の添削は非常に丁寧で,評価の理由がしっかりと示されており,満足しました。おかげさまで,だいぶ,普通の文体で文章がかけるようになりました。また,web上で他の受講生の答案を見ることができ,負けたくないな,ととても刺激になりました。

Y.Iさん(20代,男性)

司法試験型答練という講義を受講しましたが,まず問題の質が高い上に,工藤講師の模範答案が付いていることで,次に出たらどう書くかを意識して復習することができました。また,ゼミで自分の答案を見ていただけるのみならず,他の受講生の方の上手い書き方を学ぶこともでき,さらに,工藤講師がどう書けばさらによくなるかという点にも十分に言及していただけたため,短時間で合格するための書き方を学べたと感じています。

K.Tさん(20代,男性)

司法試験型答練を受講しましたが,司法試験直前の答練にぴったりだと思います。論点ごとに対応すれば足り,かつ,その記述も薄いもので足りる他の予備校の答練と比べて,アガルートの答練は時間内にしっかりと思考しなければ対応できないので,正に司法試験型と言うに相応しい出来栄えです。しかも量も多いので,司法試験直前は司法試験型答練を解き,復習するだけで他の全国模試を受講するより多くの物を得ることができるというコストパーフォマンスもさることながら,実際に多くの問題を筆記することで司法試験前に臨戦態勢に入ることができます。お勧めです。

R.Tさん(20代,女性)

ほかの予備校と比べて圧倒的に質が高いと感じました。一番司法試験に近い問題です。
解説も丁寧ですし,いくつか答案もついているので,自己採点もしやすかったです。
絶対に受講することをおすすめします。

A.Tさん(20代,女性)

司法試験型答練は,出題予想という意味でもよかったです。実際に,民法などはこの答練で見たことある!という問題が本番でも出ました。
私は添削オプションをつけていたのですが,アガルートの答練の添削者のレベルは非常に高いと思います。添削オプションをつけていると,他の受講生の採点済みの答案も見ることができます。私はそれを見ながら,どこでこんなレベルの高い人を見つけてくるのだろう,といつも思っていました。他の予備校の答練では,間違えた知識を書かれたり,間違えているのに直してもらえなかったりしますが,アガルートの答練ではそれはありません。ごまかしたところも,きちんとばれます。私は,この答練で自分では気づいていなかった悪い癖に何度も気づくことができました。

K.Tさん(20代,男性)

とても質が高い問題が多いと思います。特に,民事系では基本知識を使って考えさせる問題が多く,司法試験に近いと感じました。僕は,自分で採点していたのですが,先生がモニター答案を用いて,参考にすべき所と気を付けるべき所を丁寧に解説してくださるので,十分に消化することができました。

K.Tさん(20代,男性)

他の予備校と比べて,安いですし,問題のレベルや参考答案のレベルは群を抜いて良いものです。僕は添削オプションは利用していませんでしたが,添削がなくても十分に満足を得ることができましたし,司法試験レベルの所見の問題を解くことがなによりも重要だと思います。

Y.Iさん【民事系59位,刑事系61位,倒産法69位】(20代,男性)

やはり司法試験と同じ分量の事例問題で答案を書かなければ合格はできません。その点で,司法試験型答練では,司法試験とほぼ同じ質・量で答案を練習することができ役立ちました。

H.Tさん(20代,男性)

非常に安価な割に問題は良くできており(特に民法,刑法),また司法試験における採点ポイントも十分解説集と講義でわかるので,僕にとってはお得な講座でした。僕のように予備校に通ったことがないので司法試験で評価されるか不安だが,かといってお金に余裕がないという方には非常におすすめです。

Y.Aさん(20代,男性)

司法試験と同レベルもしくはそれ以上の問題が多く収録されており,本番の練習として非常に役立つ講座でした。難しくて手も足も出ない問題もありましたが,そういった問題が出題された場合にどのように対応すべきかも学べた点で非常に有益でした。このレベルに慣れておけば本番で焦ることはまずないと思いました。

S.Iさん(20代,男性)

司法試験型答練は工藤先生がその年の司法試験の予想問題を作成し,それを本試験と同様の時間で答案作成し,AさんからDさん(点数順)の答案例をみて,自己の答案がどのレベルかを確認することができるというものでした。工藤先生の予想論点は本試験で当たることが多々あり,非常に信用できると思います。そして,工藤先生がどの程度書ければ本試験で合格レベルかという点にも言及しているので,自己の答案が合格水準か否かを知ることができました。

飛田貴弘さん(30代,男性)

予備校答練の添削は,あまり丁寧ではないものが多く,それなら合格した友人に添削してもらう方が効率的と考え,添削のないこの講座を選んだ。
他の予備校の答練では解説を詳細に厚く記載するが,すべてを読むわけではないし,基本書,百選などに書かれていることと重複するので,無駄であると感じていた。しかし,本講座の解説は要点だけを記載しているので,あとは手持ちの基本書などで調べればよく,自分の勉強の仕方に合っていた。
また,工藤講師の講義は受けたことがなかったが,無料動画を聞いたところとてもわかりやすかった。口調も早いので,集中して聞くことができた。
そして,典型論点ではあるものの,少しひねったものも多く,本試験に近い感覚で解くことができた。

森田浩輔さん(20代,男性)

司法試験型答練を受講いたしました。合格に非常に役立ったと感じています。
私は受験一回目の不合格を受け,司法試験レベルの良質な長文問題をできるだけ多く解きたいと考えました。そこでアガルートアカデミーの本講座に出会い,評判の工藤北斗講師が作成した問題と解説を,低価格で入手できるということで即決で講座購入いたしました。
実際にも,工藤講師の作成した問題は2016年度の司法試験を強く意識されていると感じ,問題を解いて自己採点をし,解説,模範答案等を繰り返し読み込むだけで,実践的な力がついたと感じています。

K.Sさん(20代,男性)

まず問題の完成度の高さにただ感服しました。配点割合も非常に詳細で,またモニター答案について「~となっているため,この点数」といった具合に説明をしていただけたので,それと自分の答案を比較することで,自己採点の精度が上がり,本番までに克服しなければならない多くの課題も見つかりました。答練で取り上げられたテーマは本番でも問われ,その的中率にも驚かされました。

H.Nさん【総合40位】(20代,男性)

私は,司法試験型答練を受講しました。
同講座は,工藤講師が洗練した問題を題材とした答案練習であり,大変やりがいがありました。問題の中には勉強がおろそかになっていた部分も多くあり,普段の勉強の注意喚起になりました。また,工藤講師の考え方は自分の考え方の数歩先をいっていることも多々あり,大変刺激になりました。そして,何より,問題の中には今年の司法試験に出たところも多くあったので,やっていてよかったです。
答案の書き方については,工藤講師の参考答案が大変参考になりました。また,講義の中で,モニター答案に触れる時間があり,どのような答案を書いてはいけないのかを学ぶことができました。さらに,私は,添削も受けていたのですが,大変丁寧な添削でためになりました。添削を受けていると,他の受講生の答案も閲覧することもでき,これもとても有用でした。

K.Tさん(20代,女性)

司法試験型答練を受講しました。
まず,講座内容の量の割に値段が他の予備校の答練と比べて安いのがよかったです。
次に,問題の質も良好でした。ある判例を知っていれば解ける,という判例焼き直しの問題はあまりなく,現場思考型の問題が多くてよかったです。また,司法試験の出題傾向もかなり分析した上で問題が作られているようで,その年の本試験に出そうなところを徹底的に潰すことができました。
次に,講師による解説も,辛口かつ丁寧で,とても勉強になりました。
また,添削も採点者によりますが概ね親身かつ丁寧でよかったです。

K.Wさん(20代,男性)

司法試験型答練を受講しました。本番に近いとても質の良い問題を使って,論文を書く練習をすることができました。また,添削オプションによって他の受講生が書いた答案を読むことで,自分の弱点を知ることができました。

A.Tさん(30代,男性)

司法試験型答練の問題は,ただ単に論点的中を狙った問題ではなく,判例との違いを意識させるような問題で理解が深まりました。知っていた論点も理解を深めることができました。モニター答案が4通ついているため,他の受験生がどのくらい書けたかを知ることができ,書かなければならないこと,書けなくても痛手にならないことを正しく知ることができました。

H.Yさん(30代,男性)

司法試験とほぼ同じ分量の工藤講師作成の問題を解くことで司法試験に出題が予想される論点をさらうことができました。具体的な採点表があるため,問題文のどの要素をどこまで拾えたかを自分で客観的に見て復習できるのが便利でした。

T.Hさん(20代,男性)

2016司法試験型答練という講義を受講しました。司法試験直前期,司法試験の過去問を検討し尽した上で,できる限り本番に近い形で問題を解きたいという場合に,この講義は役に立ちました。解説についても,単に論点的にどうであるかというにとどまらず,本番を意識した形で,どのように解答すれば点数を取れるかということがわかりやすいものとなっていました。解説レジュメについては,判旨の原文が直接引用されているのはよいですが,それを除くと,ほとんど解説が文章として載っていないものもあり,復習する際に,面倒だと思う点もありました。ただ,解説において工藤講師の説明が充実していたので,その点はカバーできていたのかもしれません。

T.Hさん(20代,男性)

司法試験型答練は,モニター答案と自分の答案との差異を講義を聞きながら検証することで自分で添削できる内容になっています。そのため,添削がなくても自己の実力を検証できます。

T.Kさん(20代,男性)

司法試験型答練を添削オプション付きで受講しました。他の予備校答練の添削指導とは一線を画する充実した内容でした。また,かなりキツいコメント等も多数いただきましたが,その分印象に残り,自己の弱点を深く反省する契機となりました。それが合格の原動力となったと感じています。

本講座を含むカリキュラム

2017 司法試験A

司法試験合格に向け,基礎基本を,一から学習したい,学習し直したいという方のためのカリキュラム

2017 司法試験C

司法試験に向け,知識の習得・再構築をしつつ,答練中心の学習をしたい方のカリキュラム

価格/講座のご購入

司法試験型答練 60,000円(税込)

ご購入