HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験 短答対策 > 2017 司法試験 短答知識完成講座Ⅰ 憲法・民法・刑法 > 2017 司法試験 短答知識完成講座Ⅰ | 本講座の特長

2017 司法試験 短答知識完成講座Ⅰ | 本講座の特長

(1)講義時間の短さ

司法試験において,短答式試験の比重は論文式試験の9分の1にすぎず,予備試験では第1段階の選抜に用いられるにすぎません。法科大学院入試では,短答式試験(法学既修者試験)の受験が必須でない大学院すらあります。このように現行制度では,圧倒的に論文式試験の比重が高く,短答式試験対策に時間がかけられないという現状があります。
そこで,本講座では,憲法・民法・刑法の3科目の短答プロパー知識を約20時間でスピーディーに講義していきます。使用するテキストは,工藤北斗講師が司法試験・予備試験はもちろんのこと,旧司法試験の短答過去問の出題状況も徹底的に分析し,短答式試験で頻出の知識のみを掲載したオリジナルテキストです。

(2)網羅性の高さ

例えば,憲法の戦争放棄の解釈,民法の根抵当,刑法の適用範囲のように,短答プロパー知識の中でも細かい知識であるとされ,受験生に敬遠されがちな知識についても,本講座では一定の分量を割いて丁寧に説明していきます。また,民法の計算問題のように複雑な処理を要求される問題が出題される分野では,単に知識を説明するだけではなく,具体的な事案を用いて,その処理方法の解説をしていきます。
本講座は短答式試験で9割以上の得点を叩き出すことができるよう,扱う知識の質・量共に,網羅性にも細心の注意を払っています。

価格/講座のご購入

※USBは,MacOSには対応しておりません。

短答知識完成講座Ⅰ/憲法・民法・刑法 54,000 円(税込)

ご購入

短答知識完成講座Ⅰ/憲法・民法・刑法/USBメモリオプション 84,000 円(税込)

ご購入