HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験 総合対策 > 2017 司法試験 総合講義300(入門講座・基礎講座)

2017 司法試験 総合講義300(入門講座・基礎講座)

司法試験の第1歩は入門講座・基礎講座から。300時間の講義に,司法試験合格のために必要かつ十分な知識量を凝縮しました。

本講座は,法律を学習されたことがない方・法律知識が全くないという方を主な対象として,司法試験予備試験(予備試験)・法科大学院入試はもちろんのこと,司法試験合格までに必要な全ての知識を,300時間で習得する法律の入門講座・基礎講座です。
アガルートアカデミーでは,効率よく,より短時間で司法試験・予備試験・法科大学院入試の合格に必要な知識のインプットを完了させる入門講座として,本講座を設計しました。
講義は,「法律とは何か」から始め,テキストの内容を3周し,知識の確実な定着を図ります。オリジナルのフルカラーテキストには,別講座との相互参照や,過去問の出題実績等,多くの有益な情報が詰まっています。情報を整理し,読み進めやすいように,レイアウトにも工夫を凝らしています。付属する論証集とともに,使い込んでいくことで,合格に必要な知識を効率的にインプットすることができます。
充実した学習フォロー制度や受講特典もご用意しておりますので,法律知識がない方でも安心して受講していただけます。
本講座では基本的な知識から丁寧に説明しますので,法律の学習経験はあるが,知識に不安があり,もう一度基礎からやり直したいという方にもお勧めいたします。


担当講師:工藤北斗

 

時間
 ◇法律の基礎知識:約4時間
 ◇憲法:約50時間
 ◇行政法:約36時間
 ◇民法:約61時間
 ◇商法:約31時間
 ◇民事訴訟法:約30時間
 ◇刑法:約48時間
 ◇刑事訴訟法:約40時間
 ◆合計:約300時間
※ 時間数は,多少前後する場合がございます。
※ 法律の基礎知識は,科目別をご購入の方もご覧になることができます。

 

講座のご購入はこちら

ガイダンス動画

サンプル講義

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
2017 総合講義300 法律の基礎知識編 法学入門
工藤北斗講師

 本講座は,法律を学習されたことがない方を主な対象として,予備試験・法科大学院入試はもちろんのこと,司法試験合格までに必要な全ての知識を,300時間で習得する入門講座・基礎講座です。「法律とは何か」から始める丁寧な解説講義と充実した学習フォロー制度と受講特典により,法律知識がない方でも安心して受講して頂けます。
 本講義は,「法律の基礎知識」編の講義を一部抜粋したものです。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
2017 総合講義300 民法 chapter1~3
工藤北斗講師

 本講座は,法律を学習されたことがない方を主な対象として,予備試験・法科大学院入試はもちろんのこと,司法試験合格までに必要な全ての知識を,300時間で習得する入門講座・基礎講座です。「法律とは何か」から始める丁寧な解説講義と充実した学習フォロー制度と受講特典により,法律知識がない方でも安心して受講して頂けます。
 本講義は,民法の講義を一部抜粋したものです。

テキストダウンロードはこちら

本講座の特長

(1) 到達点の高さ

アガルートアカデミーの総合講義は,予備試験・司法試験受験界一の情報量だと自負しております。基礎的な知識から,法科大学院の授業で取り扱われているような最新判例・学説等の応用的知識まで,予備試験はもちろんのこと,司法試験合格までに必要なものは,300時間の講義の中で懇切丁寧に全てお伝えします。

もちろん,情報量が多いといっても,合格に不要な情報は一切ありません。必要な情報のみを選別し,試験での出題可能性が高い情報については,深く掘り下げて解説します。アガルートアカデミーは,予備試験・司法試験の短期合格のためには,合格に必要な知識を最初にすべて身に着け,その後は,知識の吸収ではなく,問題演習により,試験問題に対応できる応用力を培っていくという勉強方法が最も合理的だと考えています。

本講座で必要な知識を身に着けた後,問題演習をメインに据えて学習することによって,合格への最短ルートを歩むことができます。

(2) 3周して知識を定着

法律は,複雑に入り組んでおり,単元ごとに順番に学ぶだけでは理解できないことがあります。すべての分野を学ぶことにより,初めて分かることもあります。また,知識を定着させるためには,繰り返して学習をすることが重要です。

そこで,本講座では,まず,単元ごとの基本的な知識を説明します(1周目)。次に,その科目の最初に戻って,1周目で説明した知識の復習をしつつ,応用的な知識や横断的な知識をお伝えします(2周目)。最後に,これまで身に着けた知識を使って,旧司法試験・予備試験・司法試験で実際に過去に出題された問題を解いていきます(3周目)。

これによって,知識を無理なく理解し,定着させることができるとともに,身に着けた知識を論文式試験で使える形にまで昇華させていきます。

(3) 付属の論証集でスムーズな論文対策

予備試験・司法試験では,何と言っても論文式試験対策が重要です。多くの正確な知識を身に着けたとしても,それを試験時間という限られた時間の中で,正確に答案用紙に表現することができなければ論文式試験に合格することはできません。

そこで,予備試験・司法試験受験業界で「論証」と呼ばれているフレーズ・文章をあらかじめ覚えておき,試験に臨むのが論文対策の王道です。「論証」とは,論文式試験で問われる可能性の高い知識を答案に書くために文章としてまとめたものです。
本講座では,工藤北斗講師自らが書き下ろした論証をまとめた論証集を配布します。講義・テキスト・論証集を併用することによって,確認・習得した知識を論文式試験において,正確かつ短時間で表現することができるようになります。

 

講座のご購入はこちら

見やすく,読みやすく,分かりやすいオリジナルテキスト

総合講義テキストは,工藤北斗講師が,司法試験・予備試験・法科大学院入試の過去問を分析し尽くし,試験で問われる知識だけに情報を絞り込んだオリジナルテキストです。また,膨大な数の基本書・判例解説・学術論文・法学雑誌を参照しつつ作成しているため,その情報は,正確かつ最新です。
それだけでなく,以下のように見やすさ,読みやすさ,分かりやすさに関しても徹底的に追求しています。

【本講座に含まれるテキスト】: 総合講義 7冊 + 論証集 7冊

※ 本講座には,総合講義テキストのほかに論証集が付属します。論証集の「使い方」を別途お申込みいただく場合,「論証集なし」を選択してください。

(1) フルカラー,アイコン,図表

①テキストは,全ページフルカラーです。また,テキストの左右には十分な余白を設けて,学習した知識のポイントを書き込めるようにしています。
②テキストに掲載した知識について,その重要度や難易度に応じて区別をし,アイコン等を用いて見やすく整理しています。
③事案が複雑な判例については,図を用いて視覚的に理解を助け,理解が難しい箇所については表を挿入して知識を整理しています。

(2)テキスト間相互参照・論点マップ

効率的な学習のためには,関連知識を併せて理解することにより,情報を一元管理することが重要です。
総合講義テキストには,重要問題習得講座のテキスト,短答知識完成講座Ⅰのテキスト,論証集の関連ページ・問題番号が記載されており,また,それらのテキストにも総合講義テキストの関連ページが記載されています。これらのテキストを相互に参照することにより,ある知識を学んだ際に,その知識について,どのような議論がされているか,どのような論証となるか,問題形式ではどうなるかということをすぐに調べることができます。
また,すべての論点とそれがテキストに記載されているページの一覧表である論点マップも附属しています。調べたいときにすぐに調べられるよう,受講生の便宜を最大限に図っています。

(3)過去問出題情報・論文過去問論点マップ

予備試験・司法試験対策として,過去問研究は最も重要なものの一つです。
総合講義テキストには,論文式試験は,司法試験・予備試験・旧司法試験(平成に出題されたもの)について,短答式試験は,司法試験・予備試験について,出題肢の単位でその出題状況を記載しています。カラーのアイコンも付してあるため,テキストのどの箇所が出題されているかを一目で確認することができます。
自分が学んだ知識について,過去にどのような形で出題されているかを調べる際や,出題頻度から試験対策上の重要性を確認する際等にご覧ください。
さらに,論文過去問については,司法試験・予備試験・旧司法試験において,いつ,どの分野から出題されたのかが一覧できるように,論文過去問論点マップを付しました。

(4) 科目特性に応じた記載

予備試験・司法試験の基本科目である7法は,何を重点的に理解すべきか等,その勉強方法が異なります。例えば,憲法においては,最高裁判所の判例(裁判所が示した過去の判断のこと)の理解が重要です。そこで,憲法では,すべての判例について[判例を読み解く]というコンテンツを配置し,司法試験を意識した最高裁判例の理解を示しています。
このように,本講座のテキストは,科目特性に応じて,当該科目に適したコンテンツを用意しています。

(5) 目次・事項索引・判例索引・百選番号・過去問情報

巻頭には目次が,巻末には事項索引・判例索引が付いているので,調べたい項目の掲載ページを簡単に見つけることができます。司法試験の論文式試験で出題された分野を一覧にした論文問題の出題実績一覧表もお付けしましたので,学習の際の目安にご利用ください。
また,試験対策上,判例を理解することは大変重要であり,多くの受験生の方が判例百選(有斐閣)という雑誌を使用して判例学習をしています。そこで,テキストの判例部分には,判例年月日を記載し,判例百選掲載判例についてはその番号を記載しました。

 

 

講座のご購入はこちら

フォロー制度・受講特典(全7科目を一括でご購入いただいた方のみを対象とします。)

(1) Facebookによる質問制度

受講生限定のFacebookグループから,視聴期限内(2018年12月31日まで)であれば,アガルートアカデミーの司法試験合格者スタッフに対して,いつでも質問をすることができます。理解が難しい箇所について,その都度,質問することができるので,初めて法律を学習される方でも安心です。

【Facebookフォロー制度のご利用に際して】
※ Facebookグループへの参加はこちら
※ Facebookフォロー制度の説明はこちら

(2) 定期カウンセリング

2017年5月より,2017 総合講義300全7科目の受講生限定で,アガルートアカデミー講師が毎月1回無料カウンセリングを実施します。学習の進捗状況等をヒアリングしながら,学習上の疑問点等にお答えしていきます。ぜひご利用ください。
マイページ上で毎月1回,カウンセリングのご案内をいたしますので,希望日時・通信手段等をご返信ください。

※ 答案指導,学習の進捗管理等はございません。これらをご希望の方は,「予備試験・法科大学院入試Aマネージメントオプション」をご検討ください。
※ 定期カウンセリングのご利用期間は2018年7月末までとなっております。

定期カウンセリングQ&A集

総合講義300の定期カウンセリングにおいて,多く頂戴したご質問について,Q&A形式でまとめました。学習上の参考にしていただければ幸いです。

(3) 総合講義300 フォローゼミ(定員:先着10名程度)

2017 総合講義300全7科目(ラウンジオプションを除くカリキュラム受講生を含む。)の受講生限定で無料のフォローゼミを行います。
実施日時,実施場所,実施回数,実施内容,お申込み方法等につきましては,後日,本ページにてご案内いたしますので,今しばらくお待ちください。

 

受講環境

オンライン受講環境

講師全面監修のオリジナルテキストをお手元に置きながら,オンライン動画で好きな時に何回でも講義を視聴することができます。また,講義の音声がダウンロードができますので,スマートフォン等でスキマ時間に繰り返し講義を聴くことができます。

USBメモリオプション

USBメモリオプションをご購入の方には,紙媒体のテキストのほか,講義とテキストデータを収録したUSBメモリをお送りいたします。インターネット環境がない場合でも,動画の視聴期限が切れてしまった場合でも,講義を聴くことができます。
※ USB メモリは,Mac OS には対応しておりません。

本講座の受講方法

(1) まずは,1周聴ききる

本講座は,司法試験の入門講座・基礎講座ですので,まずは全科目について1周講義を聴ききって,法律知識の全体像を掴んでください。
講座を受講していると,わからない箇所,難しい分野等が出てきた,知識が正確に身につかないなどの不安や心配が生じることと思いますが,とりあえずそれらは無視してでも1周回すことを意識してください。論文式試験問題,短答式試験問題を解く過程で,何度も本講座の講義やテキストに戻ることになりますので,わからない箇所等もその過程で徐々に理解できるようになり,知識も正確になってきます。焦らずに繰り返し学習することが重要です。

(2) 論文式試験問題の演習

本講座は,論文式試験用の知識のインプットをメインとしています。そこで,論文式試験問題を解きながら,本講座でインプットした知識をアウトプットしていってください。その中でわからない知識や理解の不正確な知識が出てきた場合に,本講座の講義やテキストの該当箇所に戻って復習しましょう。

(3) 短答式試験用の知識(短答プロパー知識)のインプット

短答式試験では,論文式試験では問われないような細かい知識(短答プロパー知識)が問われます。短答式試験で合格点を取るためには,それらの短答プロパー知識を身につけなければなりません。
本講座を聴き終えた後は,短答プロパー知識をインプットしていってください。

合格者の声

平成28年予備試験合格者R.Uさん(20代,男性,法科大学院生)

合格に特化した講座,テキストであることを実感しました。講座内でテキストを2周,3周する構造になっていることに工藤先生のインプットに対する深い考察を感じます。また,テキストが論文問題を解きやすくするために,短答でしか出題のない部分を削っており,かなり使いやすかったです。私は他の予備校の入門講座を受講していたことがありましたが,講座を受講しても何も残らない上に,入門講座のテキストは分厚く(民法や刑法は2分冊)それなりのファイルを使わなければ綴じられないので持ち運びにも不便でした。総合講義300で使用するテキストはかなりコンパクトでどこにでも持ち運ぶことができるので,ぱっと見直しやすく,何度回しても煩雑さを全く感じなかったので,これがテキストを何周もすることを助けてくれたように思います。

本講座を含むカリキュラム

2017 予備試験・法科大学院入試A

これから学習を開始し,1年で司法試験予備試験(予備試験)・法科大学院入試の合格を目指す方のためのカリキュラム

2017 司法試験A

司法試験合格に向け,基礎基本を,一から学習したい,学習し直したいという方のためのカリキュラム

価格(税込)/講座のご購入

資料請求 0円

ご購入

総合講義300/全7科目 294,000 円

ご購入

総合講義300/全7科目/USBメモリオプション 374,000 円

ご購入

総合講義300/憲法 62,200 円

ご購入

総合講義300/行政法 41,500円

ご購入

総合講義300/民法 62,200 円

ご購入

総合講義300/商法 41,500円

ご購入

総合講義300/民事訴訟法 41,500円

ご購入

総合講義300/刑法 62,200 円

ご購入

総合講義300/刑事訴訟法 41,500円

ご購入

※ 分割払いも可能です。詳細はこちらをご覧ください。
※ 教材発送日/動画視聴開始日についてはこちらをご覧ください。