HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験予備試験|法律実務基礎科目・一般教養科目対策 > 司法試験予備試験|法律実務基礎科目対策講座

司法試験予備試験|法律実務基礎科目対策講座

法律実務基礎科目を「短時間」に「網羅的」に「メリハリ」をつけて習得

 本講座は,予備試験論文式試験及び口述試験で出題される法律実務基礎科目に対応するために必要な知識をスピーディーに,メリハリをつけて習得する講座です。予備試験では,民事実務基礎,刑事実務基礎,法曹倫理の3分野から出題されるため,これらを網羅的に取り上げます。
 いずれの分野についても,論文式試験の出題傾向を踏まえた内容となっているため,予備試験対策として効果的です。


担当講師:岩瀬 武(弁護士)

時間:
 ◇民事実務基礎:約9時間
 ◇刑事実務基礎:約6時間
 ◇法曹倫理:約3時間
 ◆合計18時間

教材発送日・動画視聴開始日
 全科目発送中・配信中
※ 原則として入金確認後,翌営業日内に発送いたします。ただし,在庫切れ,ご注文が集中している等の場合,3日~1週間程度お時間をいただくことがございます。

視聴期限
 お申込み手続き完了日から550日(約18か月)

サンプル講義

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
法律実務基礎科目対策講座 民事
岩瀬武講師

 本講座は,予備試験論文式試験及び口述試験で出題される法律実務基礎科目に対応するために必要な知識をスピーディーに,メリハリをつけて習得する講座です。予備試験では,民事実務基礎,刑事実務基礎,法曹倫理の3分野から出題されるため,これらを網羅的に取り上げます。
 いずれの分野についても,論文式試験の出題傾向を踏まえた内容となっているため,予備試験対策として効果的です。

テキストダウンロードはこちら

【アガルートアカデミー司法試験】無料公開講座
法律実務基礎科目対策講座 刑事
岩瀬武講師

 本講座は,予備試験論文式試験及び口述試験で出題される法律実務基礎科目に対応するために必要な知識をスピーディーに,メリハリをつけて習得する講座です。予備試験では,民事実務基礎,刑事実務基礎,法曹倫理の3分野から出題されるため,これらを網羅的に取り上げます。
 いずれの分野についても,論文式試験の出題傾向を踏まえた内容となっているため,予備試験対策として効果的です。

テキストダウンロードはこちら

1 本講座のポイント

(1)手が回りにくい分野だからこそ,短時間で押さえる

 法律基本科目の勉強に追われてしまい,実務基礎科目の学習が後手に回ってしまうという受験生の声をよく聞きます。
 しかし,論文式試験では,法律実務基礎科目(民事),法律実務基礎科目(刑事)ともに,法律基本科目と同じ配点ですので,疎かにはできません。
 本講座では,講義時間は約18時間と短時間ですので,法律基本科目の勉強と両立させながら,効率的に実務基礎科目の知識を習得することができます。

(2)予備試験の出題傾向を踏まえ,網羅性を保ちつつ,メリハリをつけて講義します

 本講座では,この講座だけで法律実務基礎科目の対策が完了し,どのような出題にも対応できるように,網羅的に各分野を取り扱います。
 また,過去5回の予備試験の出題傾向を分析し,出題可能性や重要度に応じて,メリハリをつけた講義を行います。
 例えば,民事実務基礎では,要件事実はもちろんのこと,二段の推定(平成23,24,27年出題),事実認定の基本的な知識(事実の主張方法を含む。)(平成25,26年出題),証拠収集活動に関する基本的な知識(平成25年出題)等を中心に取り上げています。
 また,刑事実務基礎では,勾留(平成25年出題),保釈(平成27年出題),公判前整理手続(平成26年出題)等の刑事手続,事実認定(平成23,24年出題)に加え,証拠法及び証拠調べ手続(平成24,26,27年出題)も取り上げます。
 法曹倫理では,毎年出題される職務基本規程を条文に沿って解説していきます。
 本講座を通じて,実務基礎科目で出題が予想される分野を漏れなく,ツボを押さえて学習することができます。

2 テキストの特長

 実務家講師作成オリジナルテキスト

本講座のテキストは,実務基礎科目で必要な知識の全てが詰まったオリジナルテキストです。
① 民事実務基礎については,単元ごとに言い分形式の事例に基づき,攻撃防御形式で要件事実・論点を詳細に説明いたします。
② 刑事実務基礎については,必要な条文を参照しつつ,具体例や設例を盛り込んだ理解しやすい構成になっています。
③ 法曹倫理については,職務基本規程を条文に沿って解説していく構成になっています。

本講座を含むカリキュラム

価格/講座のご購入

全科目 32,000円(税込)

ご購入