HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験キャンペーン・SALEのご案内 > 司法試験 | 2016旧講座と2017新講座の相違点

司法試験 | 2016旧講座と2017新講座の相違点

2016旧講座と2017新講座の異同

講座名 2016旧講座からのコンテンツの変更点 加筆修正量(目安)
2017 総合講義300 論文問題の出題実績一覧表の追加 2~3割程度
2017 総合講義100 論文問題の出題実績一覧表の追加 2~3割程度
2017 論証集の「使い方」 特になし 1~2割程度
2017 論文答案の「書き方」 総合講義の参照ページを明記 0~1割程度
2017 重要問題習得講座 総合問題編の追加 1~2割程度
2017 短答知識完成講座Ⅰ 特になし 1~2割程度
2018 旧司法試験・予備試験型答練 添削オプション廃止
(受講生全員にお付けします。)
全問新作
2018 司法試験型答練 添削オプション廃止
(受講生全員にお付けします。)
全問新作

※総合講義300と総合講義100の講義映像は,一部共通のものを使用している場合がございます。
※テキストの加筆修正がなく,内容に変更がない部分については,講義映像も昨年度のものを使用しています。 

カリキュラムの変更点

司法試験A

司法試験論文過去問解析講座の追加

司法試験B

短答知識完成講座Ⅰの削除

司法試験C

旧司法試験・予備試験型答練の削除

予備試験・法科大学院入試A

法律実務基礎科目対策講座の追加

法律実務基礎科目答練の追加

一般教養科目対策講座の追加

予備試験論文過去問解析講座の追加

マネージメントオプションの追加

予備試験・法科大学院入試B

変更は特にございません

予備試験・法科大学院入試C(新規カリキュラム)