HOME > 司法試験・予備試験 > 司法試験コラム > 司法試験コラム | 秋から始める司法試験予備試験(予備試験)

司法試験コラム | 秋から始める司法試験予備試験(予備試験)

この秋から司法試験予備試験の学習を始める場合のスケジュールをご紹介します。

予備試験の試験制度

 司法試験予備試験(以下,単に「予備試験」といいます。)の試験制度は,図のような仕組みとなっており,それぞれの試験に合格しなければ,次の試験を受験できない制度です。

 予備試験の最大の難関は7月に行われる論文式試験です。そのため,最速・最短合格を目指す場合には,この論文式試験をいかにして突破するのかがポイントになります。

 しかし,この時期から始めて翌年の5月に行われる短答式試験を突破しつつ,7月に行われる論文式試験をも突破するというのは至難の業です。短答式試験も決して易しい試験ではないからです。

ひとまずは短答式試験の突破を目指す

 そこで,今から学習を開始される方は,ひとまず翌年の5月に実施される短答式試験の突破を目指すというのが現実的でしょう。短答式試験を突破することができれば,論文式試験まで約2ヶ月間の学習期間が取れるので,さらに学習の上積みをすることができます。仮に,翌年の論文式試験に合格することができなくても,翌々年の論文式試験受験に向けて一度論文式試験を受験したことがあるという経験は,非常に大きな財産になります。
 以下では,今から学習を開始して,翌年の短答式試験に合格するためのスケジュールをご紹介します。

予備試験1年合格法

春から学習を開始して,1年間で予備試験の突破を目指す場合の学習スケジュールや勉強法についてはこちらをご覧ください。

1 法律基本科目(7科目)の知識のインプット

 基本的な法学の知識がなければ,短答式試験の問題を解くことはできませんので,短答式試験と論文式試験双方で問われる法律基本科目(憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法の7科目)の基本的な知識をインプットします。
 基本的な法学の知識をインプットするためには,予備校が開講している入門講座・基礎講座(アガルートアカデミーでは,総合講義300)を受講するのが効率的です。

アガルートアカデミーの講座

2 短答プロパー知識のインプット

「短答プロパー知識」

 短答式試験では,論文式試験では問われない,細かい知識(これを短答プロパー知識と呼んでいます。)が問われます。
 そこで,この短答プロパー知識をインプットする必要があります。もう少し学習期間があれば,論文式試験対策を行い,論理的な思考力を身に着けた後で,短答式試験対策を講じる方が効率的なのですが,翌年の短答式試験まであまり時間がありませんので,短答式試験対策に特化してしまった方が合理的です。論文式試験対策は,短答式試験終了後に考えましょう。
 これも,予備校のインプット講座を利用することをオススメします(アガルートアカデミーでは,短答知識完成講座Ⅰ(憲法・民法・刑法)・短答知識完成講座Ⅱ(商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法))。翌年の短答式試験まで時間がない中で,いかに効率よく学習するかが重要になるからです。
 なお,予備校の講座を利用しない場合には,過去問集の解説から知識をインプットするのが合理的です。基本書等を通読するという方法もあるのですが,民法だけで数冊に分かれているというのが普通ですので,通読するだけで短答式試験を迎えることになってしまいかねません。

アガルートアカデミーの講座

知識のインプットの仕方

 講座の受講の仕方としては,①総合講義300の民法を受講し,一通り基本的な知識を習得し終わった後に,短答知識完成講座Ⅰの民法を受講する(それと並行して総合講義300の商法を受講する)という受講の仕方と,②いったん総合講義300を全科目聴ききってから,短答知識完成講座Ⅰに移るという受講の仕方があります。
 ①の方法は,一気に短答プロパー知識まで習得することができるというメリットがある一方で,全7科目の全体像が頭に入らないうちに細かい知識までインプットせざるを得ず,学習全体の見通しが悪くなる,科目間の関連性を意識した勉強が難しくなるというデメリットがあります。②の方法は,その逆で,全科目の全体像が頭に入り,学習全体の見通しが良くなり,科目間の関連性を意識した学習ができるというメリットがある一方で,例えば,短答知識完成講座Ⅰの民法を受講する頃には,総合講義300の民法でインプットした知識を忘れてしまっている場合があり,その場合には改めてインプットをやり直さなければならないというデメリットがあります。
 このように,それぞれに一長一短がありますので,自分に合った受講の仕方を選べばよいでしょう。

インプット講座の復習は必要?

 受験生の中には,総合講義300を何度も聴き直し,知識を完全に定着させてから,次のステップ(短答知識完成講座Ⅰ等)に進みたいという方がいらっしゃいます。しかし,インプットは問題を解くという目的のための手段にすぎません。そのため,インプット講座を1周聴ききってしまった後は,早く問題(過去問)に当たりましょう。問題を解く中で分からない箇所があったときに,講義やテキストに戻れば良いのです。それを何度も何度も繰り返すうちに徐々に知識が定着していきます。

一般教養科目は基本的に対策不要

 予備試験では,一般教養科目が短答式試験で課されていますが,法律科目との関連性がほとんどないこと,予備試験突破後の司法試験では不要となること,要求される知識が膨大でコストパフォーマンスが悪いこと,いわゆる肢切り点がないこと等の理由で,過去問を解くこと以外,ほとんど対策をしないで臨むという姿勢が一般的です。
 そのため,過去問を解いてみて,平均点(例年,60点満点中24点~30点)付近が採れていれば,特別な対策の必要はありません。これに対して,平均点を大きく下回る場合には,何らかの対策が必要となります。とはいえ,要求される知識は多岐にわたるので,ピンポイントで対策を講じなければなりません。具体的には,政治・経済等の社会科学が比較的取り組みやすいので,その分野に絞ったインプットを行いましょう(アガルートアカデミーでは,社会科学の分野に絞ったインプット講座として,一般教養科目対策講座を開講しています。)。

アガルートアカデミーの講座

法律実務基礎科目のインプット

 法律実務基礎科目は,短答式試験では課されませんが,この段階で学習してしまうことをお勧めします(アガルートアカデミーでは,法律実務基礎科目のインプット講座として,法律実務基礎科目対策講座を開講しています。)。短答式試験では,民法や民事訴訟法で,法律実務基礎科目の知識がないと解くことができない問題や解きにくい問題が出題されています。また,法律実務基礎科目刑事では,刑事訴訟法の短答プロパー知識と重なるところがありますので,刑事訴訟法の点数の底上げを図ることができます。

アガルートアカデミーの講座

3 短答式試験過去問を解く

コツコツと毎日解くしかない

 「2 短答プロパー知識のインプット」と並行して短答式試験過去問を解いていってください。市販の過去問集は各予備校が出していますが,体系別に配列されていれば,どれでも構いません。自分が使いやすいものを選んでください。(アガルートアカデミーでは,憲法・民法・刑法について,短答過去問解析講座を開講しています。なお,商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法を扱う短答知識完成講座Ⅱは,オリジナル過去問集をテキストにしていますので,別途過去問を解く必要はありません。)
 短答式試験過去問は膨大な数があるので,1日何問とノルマを決めて,コツコツと解いていくしかありません。そのため,できるだけ早い時期から着手してください。

アガルートアカデミーの講座

「選択肢単位で」,95%程度の正答率を目指す

 短答式試験過去問については,最終的には「選択肢単位で」95%程度正解(正誤判定)できるようになるのが目標です。何周させればいいというものではなく,できるようになるまで何度も何度も繰り返してください(一方で,1周目で正誤判定ができた問題・選択肢については,繰り返す必要はありません。)
 「選択肢単位で」というのは,全部の選択肢の正誤が判定できなくても,解けてしまう問題があるからです。しかし,その問題について,正解を導き出すために正誤を判定する必要が無い選択肢で問われている知識でも,これから先,別の形で問われる可能性は十分にあります。そのため,正解が導き出せるというだけでなく,「選択肢単位で」95%程度正解(正誤判定)できなければなりません。

4 模擬試験を受験する

 短答式試験では,論文式試験ほどの高度な思考力は要求されず,また,解答の形式もマークシート式なので,アウトプットの訓練はそこまで必要とされません。
 短答式試験直前期(3月,4月)に各予備校が全国模試を実施するので,それを1回ないし2回受験し,本番の雰囲気や時間感覚等を掴んでもらえれば十分です。この模試は,可能であれば通学で受けてください。本番の雰囲気や時間感覚等を身に着けるのが目的だからです。

5 アガルートアカデミーのカリキュラムを利用した場合のモデルスケジュールル

 アガルートアカデミーでは,上記でご紹介した講座を含む予備試験合格カリキュラム「予備試験・法科大学院入試A/2年受講オプション」をご用意しております。2018年予備試験,2019年予備試験を両にらみで目指すことができますので,是非ご検討ください。