HOME > アガルートアカデミー講師紹介 > アガルートアカデミー講師紹介 | 幸谷 泰造

アガルートアカデミー講師紹介 | 幸谷 泰造

資格:司法試験・弁理士試験

経歴紹介
2001年東京工業大学理学部情報科学科卒業
2003年東京大学大学院情報理工学系研究科修了
2003年ソニー株式会社入社
2006年弁理士試験合格
2010年成蹊大学法科大学院既修者コース修了
2011年司法試験合格
 大手電機メーカーで働きながら弁理士試験に合格。合格後は,同社の知的財産センターで,知財関連業務に従事。また,大手電機メーカーでの業務に従事しながら,夜間や休日には法科大学院に通学し,修了する。そして,在職中に司法試験に合格。
 合格後は,知的財産法の専門性を活かしながら弁護士として実務を行う。また,大手予備校で司法試験・弁理士試験の受験指導を行う。
 司法試験と弁理士試験の両方を知る数少ない知的財産法のスペシャリスト。
 働きながら受験勉強を続け,弁理士試験と司法試験を突破した経験から,短時間で,効率的に学習するノウハウを有する。膨大な情報を整理し,作りこんだテキストを用いて,丁寧に,速やかな理解を促す講義を展開する。

著書・実績
2003年04月~2006年02月
 ソニー株式会社にて、ソフトウェア開発業務等に従事
2006年02月~2011年11月
 同社知的財産センターパテント部にて、TV、ビデオ、オーディオ機器等の国内外特許出願関連業務、他社特許調査、警告対応、訴訟関連業務等に従事

『THE INDEPENDENTS』(2015年2月号「新連載 知財を活用した中小企業のブランド戦略 (1)」)

司法試験と弁理士試験の交差点

@taizo_kotani

講師からのメッセージ

 私は,上位合格者講師のような才能を活かしたエレガントな講義はできませんが,会社員として働きながら弁理士試験・司法試験に合格した自らの経験を活かし,限られた時間内で最高のパフォーマンスの講義を行うことをセールスポイントとしています。
 具体的には,パワーポイントやイラスト付きのテキストを用いたビジュアルに訴える分かりやすい講義をします。パワーポイントやテキストに全てを凝縮することにより,板書時間をほぼ無くし,講義密度を上げつつ講義時間を短縮することを実現しました。
 私は実務において,相手が何を求めているかを考えて法律業務を行うことを心がけています。訴訟であれば,裁判官がどう思うかを考えながら準備書面を起案し,法律相談であれば,依頼者が何を求めているかを考えて法的アドバイスを行います。
 これは,法律答案の作成においても同様であるといえます。試験委員が何を求めているのか,どう書けば伝わるのかを考えて問題文を読み,文章を組み立てることが重要です。
 このような視点を講義にも活かし,試験委員に伝わる答案の作成術についてもお伝えします。受講生の皆さんが何を求めているのかも意識して講義を行います。
 特に,弁理士試験受験生に対しては,真の法律答案作成術をお伝えすべく,講義を展開してまいりたいと思います。

担当講座

弁理士試験