HOME > 行政書士試験 > 行政書士試験の試験情報

行政書士試験の試験情報

行政書士試験の試験情報

行政書士試験の実施について

実施機関 一般財団法人行政書士試験研究センター
受験資格 特にありません(学歴,年齢,国籍等による制限は一切ないので,誰でも受けることができます)
受験手数料 7,000円
行政書士試験
スケジュール

【受験願書配布】:
 窓口での配布 8月上旬~9月上旬
 郵送による配布 8月上旬~8月下旬

【受験願書受付】:
 郵送による受験申込み 8月上旬~9月上旬
 インターネットによる受験申込み 8月上旬~9月上旬(例年郵送による受験申込みより3日程度早く締め切られます)

【受験票の交付】:
 10月中旬

【試験】:
 11月第2日曜日 13:00~16:00(3時間)

【合格発表・合否通知書の送付】:
 1月下旬
 ※ 受験者は,合否通知書にて合格基準点及び得点を知ることができます。

試験受験地 こちらでご確認ください。

合格率

最近11年間の合格率は以下の通りです。

 行政書士試験結果の推移(単位:人)
※ 一般財団法人 行政書士試験研究センターHPより 
年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成17年度 89,276 74,762 1,961 2.62%
平成18年度 88,163 70,713 3,385 4.79%
平成19年度 81,710 65,157 5,631 8.64%
平成20年度 79,590 63,907 4,133 6.47%
平成21年度 83,819 67,348 6,095 9.05%
平成22年度 88,651 70,586 4,662 6.60%
平成23年度 83,543 66,297 5,337 8.05%
平成24年度 75,817 59,948 5,508 9.19%
平成25年度 70,896 55,436 5,597 10.10%
平成26年度 62,172 48,869 4,043 8.27%
平成27年度 56,965 44,366 5,820 13.12%
平成28年度 53,456 41,053 4,084 9.95%

 

出題科目・配点/試験形式/合格基準

出題科目・配点

 行政書士試験は,3時間で60題の問題を解く試験です。出題科目は,行政書士の業務に関し必要な法令等(以下,「法令等」に関する問題)と,行政書士の業務に関連する一般知識等(以下,「一般知識」に関する問題)に分けられます。

試験科目 内容等 出題形式 配点
行政書士の業務に関し必要な法令等
(出題数46題/60題)
憲法
行政法
民法
商法
基礎法学
◆択一式
・5肢選択式
・多肢選択式(憲法・行政法)
 + 
◆40字程度の記述式(民法・行政法)
244点
/300点
行政書士の業務に関連する一般知識等
(出題数14題/60題)
政治・経済・社会
情報通信・個人情報保護
文章理解
択一式 56点
/300点

試験形式

択一式
◇5肢択一式 5肢の中から,正解を選ぶマークシート式の試験です。

  ◇多肢選択式 20肢の中から,空欄に入る適切な語句を選択する,マークシート式の試験です。

 

記述式

問題に対して,40字程度の記述で解答する試験です。

合格基準

次の要件をいずれも満たした者を合格とします。

① 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点(244点)の50パーセント(122点)以上である者
② 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点(56点)の40パーセント(24点)以上である者
③ 試験全体の得点が、満点(300点)の60パーセント(180点)以上である者
※ なお,以上の合格要件については,問題の難易度が評価され,補正的措置が加えられることがあります。平成26年度行政書士試験では,試験問題の難易度が評価され,①を110点以上,③を166点以上とする,補正的措置が講じられています。