• 検索

アガルートアカデミー講師紹介 | 大河内満博

資格:社会保険労務士試験,公務員試験

経歴紹介
1983年 早稲田大学教育学部卒業
1990年 立教大学文学部心理学科研究生
1983~2001年 駿台予備学校など高校大学受験予備校で受験指導を行う
1995年 社会保険労務士試験に合格
1996年~2016年 大手資格予備校で社会保険労務士講座を担当する
2008年~2016年 明治大学・神奈川大学セミナー講師
2016年9月 株式会社アガルート入社

 20年以上に渡り,大手資格予備校で社会保険労務士試験の受験指導を行う。心理学を応用し,受験生自らが論理的思考力を身につけ,問題処理能力を身につけてもらえるような講義を行う。幅広い知識が問われる社会保険労務士試験を徹底的に分析し,その傾向に即した講義を展開。大河内クラスは,高い出席率と合格率を誇り,多数の合格者を輩出した。
他に,司法試験の選択科目「労働法」に関する予備校テキストも執筆した経験を持つ。
 また,少しでも社会保険労務士試験受験生の役に立つ情報を提供しようとの思いから,社会保険労務士試験において出題される可能性が高いニュースや学習法をブログ(社労士講師大河内の合格ブログ)やツイッター(@tomofullmoon)で紹介している。

社労士講師大河内の合格ブログ

@tomofullmoon

講師からのメッセージ

「受験生の水先案内人になる」
 2016年9月からアガルートアカデミーで,社会保険労務士試験対策講座,公務員試験対策講座(労働法)を担当することになりました。
 社会保険労務士試験は,法律を基礎としつつも実務色の強い国家試験であるため,細かな学習事項に加えて法改正事項が多く,出題範囲も広いという特徴があります。ですから,特に仕事をしながら合格を目指す社会人受験生にとっては,効果的な学習計画を練り,効果的に受験勉強を実践する必要があります。
 社会保険労務士試験に限った話ではありませんが,国家試験受験生の多くは,「受験勉強という過程」と「合格という結果」によって,ご自身の人生を変えたいという強い思いがあるのではないでしょうか。私は,講義を通して,そのような受験生の厚い志にお応えする水先案内人としての責務があると考えています。

「合格の先をも見据えた学習を!」
 私は,受験生の皆さんに対し,合格はもちろん,合格した後にも役立つ講義を目指しています。資格を「ゴール」にしてもらいたくないという思いが一番だからなのですが,合格後の自分自身をしっかりイメージしている受験生のほうが早く合格することができるからです。
 合格へ向かう道筋は,人それぞれです。私は,合格するための武器をいろいろ差し上げますから,皆さんは,その中から,ご自身の性格に一番合った武器を見つければよいのです。
 記憶についても同じです。社会保険労務士試験が記憶色の強い国家試験であることは間違いありませんから,様々な記憶の方法,理解の方法をご紹介します。それが合格までの受験期間を短くし,合格後の活躍にも役立つからです。
 社会保険労務士は,主に「会社の心臓部」と言われる人事総務関連の業務を扱います。会社の血流を促し,よりよい労使関係を築き上げるのも社会保険労務士の役割です。
 また,社会保険労務士は,社会保障関連の業務を扱い,悲しみ,苦しみ,悩んでいる人とともに寄り添い,その人を元気にする医者のような役割をも果たします。
 受験生の皆さんも,将来,社会保険労務士となった際には,皆さんの手助けを必要とする人に必ず出会うはずです。
 ぜひ,私の講義を受けていただき,社会保険労務士としてご活躍なされることを心から願っております。

担当講座

社労士試験

Coming Soon

公務員試験

法律系科目対策講座 労働法