HOME > 弁理士試験 > これから弁理士試験を目指す方へ

これから弁理士試験を目指す方へ

1 弁理士とは

(1)弁理士の業務

 弁理士は,特許,実用新案,意匠,商標などの知的財産のスペシャリストです。知的財産に関し,特許庁への手続の代理,訴訟の代理・補佐,契約交渉等を行います。

(2)「弁理士」のネーミング

 「弁理士」のネーミングからは,その具体的な業務内容を想起しづらいです。ネーミングの由来は,諸説ありますが,一説によれば次のように説明されています。まず,弁理士の「弁」は「辨」であり,「辨」は,「わきまえる。分別する。明らかにする。」等の意があるといわれています。また,「理」は,「因果関係」の意があるといわれています。そうすると,弁理士は,「理」を「辨」ずる,すなわち,「因果関係を明らかにする」役割を果たすと説明することができます。「因果関係を明らかにする」については,弁理士は,発明を適切に保護するため,発明を分析し法的に再構成し,特許として請求すべき発明の範囲を設定した上で,その発明の原理を自然法則に基づいて十分に理由付ける役割を果たすと説明することができます。このように,弁理士のネーミングには,弁理士の基本的な職務内容が見事に集約されているといえます。

(3)弁理士の就業形態

 弁理士の就業形態は,主に,企業の知的財産部で働くか,特許事務所で働くかに分かれます。前者は,企業の事業活動の中で生じる知的財産に関するあらゆる問題に携わることができ,幅広くビジネスと関連する業務に携わることができる点に特徴があります。一方,後者は,国内及び海外の知的財産権の権利化手続に特化することができる点に特徴があります。
 それ以外にも,法律事務所に勤務し,対特許庁手続のみでなく,訴訟にも特化する弁理士や,海外に留学し,現地の特許事務所・法律事務所に勤務する弁理士もいます。

(4)専門分野

 弁理士の中には,特許から意匠・商標まで幅広く手がける弁理士もいれば,特許で特定の技術分野を専門とする弁理士,商標を専門とする弁理士など様々な弁理士がいます。特に大手事務所に所属する弁理士の場合,各人が専門分野に特化する傾向が強く,企業や個人事務所に所属する弁理士の場合,専門分野に限らず,幅広く手がける傾向が強いといえます。
 また,文系か理系でみると,理系出身の弁理士は,特許を専門とし,文系出身の弁理士は意匠・商標を専門とする傾向が強いといえます。

(5)文系出身弁理士の需要

 文系出身で,弁理士を目指そうとされる方は,弁理士になっても需要があるかどうか心配されることが多いです。
 しかし,意匠・商標の中でも特に商標を専門とする弁理士は,相当数います。また,難解な商標の類否判断や,海外での商標権の取得の業務は,高度の専門的知識を要します。そのため,商標を専門とする弁理士の需要は多く,求人数も多いです。さらに,我が国が2015年に「意匠の国際登録に関するハーグ協定のジュネーブ改正協定」に加入したことにより,今後,国際的な意匠の業務が増加することが予想されます。
 また,文系出身の場合,意匠・商標を専門とする弁理士が多いですが,特許を扱う弁理士も数多くいます。特許といっても,最先端の技術的知見を要する業務ばかりではなく,基本的な物理や化学の知識があれば行える業務も多く,むしろそういった業務の方が多いです。文系か理系かというよりも,新しい技術を理解しようとする気持ちや,弁理士としてのセンスの方が重要です。
 このように,文系出身の方でも,弁理士として十分に活躍できる場があります。

2 弁理士試験

(1)弁理士になるためには

 弁理士になるためには,弁理士となる資格を有する者が,弁理士登録をする必要があります(弁理士法17条)。また,弁理士となる資格を有するためには,次の①〜③のいずれかに該当し,かつ,実務修習を修了する必要があります(弁理士法7条)。
 ①弁理士試験に合格すること
 ②司法試験に合格し,司法修習を修了し,弁護士となる資格を有すること
 ③特許庁において審判官又は審査官として7年以上の実務経験を経ること
 これから弁理士になろうとする方のほとんどは,①弁理士試験に合格することを目指すことになります。

(2)弁理士試験の概要

 弁理士試験には,筆記試験と口述試験があり,筆記試験に合格しなければ口述試験を受験することはできません。また,筆記試験には短答式試験と論文式試験があり,短答式試験に合格しなければ論文式試験を受験することはできません。
 受験資格(学歴,年齢,国籍など)は特にありませんので,誰でも受けることができます。

【弁理士試験 試験情報】
 弁理士試験に関する詳細な試験情報を掲載しています

 

3 各試験の特徴

(1)短答式試験

 短答式試験は,受験生が「基礎的知識」を有しているかどうかを判定するための試験です。また,短答式試験の試験科目は7科目あり,その試験範囲が広範であることから,短答式試験に合格するためには,膨大な知識を習得する必要があります。したがって,効率よく勉強しなければ,広範な試験範囲を網羅することができません。一方,短答式試験の問題には,一定の出題傾向があります。法律の全条文から出題されるのではなく,一定の条文から出題がされます。この出題傾向を踏まえ,出題可能性が高い条文と低い条文とでメリハリをつけて勉強すれば,効率よく勉強することができます。そのためには,過去問で出題された知識とその周辺の知識を中心に勉強していくことになります。
 また,短答式試験は,平成24年に合格基準が,満点の65%以上へと引き上げられ,合格率が大幅に減少しており,難化傾向にあります。しかし,試験問題の難易度は変わっておらず,従来からの「基礎的知識」をしっかり抑えれば,恐れるに足りません。したがって,今後も,過去問を中心としメリハリをつけた学習をすることで,短答式試験を突破することは十分に可能です。

(2)論文式試験

 論文式試験は,受験生が「基礎的に必要とされる法条の解釈及び理解力,判断力,論理的展開力,文章表現力等の総合的思考力」を有しているか否かを判定する試験です。すなわち,基本的な知識に基づいて深く考えることができる思考力が問われます。また,自身の考えを説得的に文章として表現する能力も求められます。
 このように,論文式試験は,短答式試験と異なる能力が必要とされます。しかし,論文式試験は,短答式試験のように受験生に広範な知識を求めるものではありませんので,必要とされる知識量は短答式試験ほど多くありません。また,論文式試験の問題のほとんどは典型的なパターンの問題の中から出題されています。したがって,この典型的なパターンをできるだけ早く掴むことが,短期合格に直結します。

(3)口述試験

 口述試験は,「口述による説明力」を判定するための試験であり,試験官からの質問に対して,間髪を容れずに,即座に応答しなければならない点が難しい試験です。しかし,出題される問題には,短答式試験と論文式試験を通して学習した知識で十分に対応することができます。したがって,これまでの学習内容を総復習した上で,口頭で説明する方式に慣れることさえできれば,突破することができる試験です。
 また,口述試験は,昔はほとんど落ちない試験と言われていましたが,近年合格率が下がり続け,平成24年には60%代前半まで低下しました。しかし,口述試験を厳しくし過ぎることは,出題問題や担当試験官との相性が合否に与える影響が大きく,受験生間での公平が損なわれる可能性があるとの指摘がなされました。そして,平成25年の口述試験から運用が変更され,合格率が80%代まで回復しました。今後もこの運用は維持されることが発表されていることから,今後,口述試験の合格率は,70%〜80%辺りを推移することになるものと思われます。

4 合格するための勉強法

(1)学習指針

 弁理士試験は,試験科目が多く,試験範囲は広範です。また,条文,判例,青本,審査基準など様々な素材から出題がされます。したがって,どこまでが試験範囲かを把握することが困難です。しかし,試験問題は一定の範囲から出題されており,試験問題を精査分析すれば,試験範囲に含まれる知識を抽出することができます。
 弁理士試験の合格を目指す方は,まず,試験範囲に含まれる全知識を把握し,理解することが必要です。ただ,一度は試験範囲に含まれる全知識を理解したとしても,知識量が膨大であることから,直ぐに記憶には定着せず,忘却してしまいます。弁理士試験のように試験範囲が広範な試験では,忘却した記憶をいかに効率よく喚起し,記憶に定着させるかが最大の課題です。記憶を定着させるためには,同じ内容を徹底的に繰り返すことが必要になります。
 アガルートアカデミーでは,試験範囲に含まれる全知識を抽出し,これを初学者の方でも理解ができ,かつ,最終合格までお使いいただけるだけの充実した内容のテキストをご用意しております。本テキストを用いた講義を受講していただくことで,試験範囲に含まれる知識を漏れなく把握し,理解することができます。また,本テキストを徹底的に繰り返して学習していただくことで,効率的に記憶を喚起し,知識を定着させることが可能になります。

(2)戦略

 弁理士試験の受験生は,8割以上が社会人であり,ほとんどの受験生が仕事と家庭の時間の合間に学習されているので,思うように勉強することができない状況にあります。しかし,このような状況を逆手に取り,何とかして勉強時間を他の受験生より多く捻出することができれば,一気に他の受験生を追い抜くことができ,短期合格をすることができます。したがって,弁理士試験は,1年,2年の短期決戦で合格を勝ち取る戦略で臨むことが適切であり,また努力次第でそれを実現し易いといえます。
 1年で最終合格を目指す場合,短答式試験と論文式試験の両方を並行して勉強していくことになります。これが少し大変だと思われる方は,現在は短答式試験の免除制度がありますので,1年目は短答式試験に集中して確実に短答式試験に合格し,2年目で論文式試験,口述試験の合格を目指すことになります。

5 アガルートアカデミーの講座体系

(1) 必須4科目の知識の習得

 弁理士試験は,短答式試験を合格することが第一関門となっています。しかし,短答式試験は問われる知識が細かく,初学者が多くの情報を整理することは,困難です。多くの情報を整理するためには,まずは大筋や大枠をしっかりと捉えた上で,細部を詰めて行く方が効率的です。
 そして,細かい短答知識から積み上げて行くのではなく,まず,論文式試験で問われる知識をしっかりと押さえることをおすすめします。
 そこで,アガルートアカデミーでは,まず,主要4科目について論文式試験で問われる知識を中心に習得する講座として,総合講義100をご用意しています。

(2) 短答知識の完成

 弁理士試験短答式試験合格のためには,論文式試験・口述試験で問われる知識に加えて,短答式試験でのみ問われる細かな知識(短答プロパー知識)が必要となります。
 アガルートアカデミーでは,前述のとおり,論文式試験・口述試験でも問われる知識を,総合講義100で学習します。
そして,主要4科目に関する短答プロパー知識と,工業所有権に関する条約,著作権法,不正競争防止法の知識を,短答知識完成講座で学習します。
 アガルートアカデミーの講座体系は,この2つのインプット講座を通じて,短答式試験合格に必要な,条文,判例及び過去問の知識を網羅的に学習することができるように設計されています。