HOME > 弁理士試験 > 弁理士試験 総合対策

弁理士試験 総合対策

論文式試験に重点を置きつつも,全体的に法律学の理解を深め,試験に合格するために必要な知識を習得することを目的とする講座群です。




アガルートアカデミーの総合対策

 弁理士試験は,短答式試験を合格することが第一関門となっています。しかし,短答式試験は問われる知識が細かく,初学者が多くの情報を整理することは,困難です。多くの情報を整理するためには,まずは大筋や大枠をしっかりと捉えた上で,細部を詰めて行く方が効率的です。
 そこで,アガルートアカデミーでは,細かい短答知識を一から積み上げて行くのではなく,論文式試験で問われる知識をしっかりと押さえることをおすすめしています。本対策を通じて,全ての試験形式において,コアとなる,特許法,実用新案法,意匠法,商標法の全体像を掴み,基礎基本の知識を確実に身に着けることができます。

試験別科目一覧

科目名 短答式試験 論文式試験
【必須科目】
論文式試験
【選択科目】
口述式試験
特許法 理工I(機械・応用力学)
理工Ⅱ(数学・物理)
理工Ⅲ(化学)
理工Ⅳ(生物)
理工Ⅴ(情報)
法律(弁理士の業務に
関する法律)
実用新案法
意匠法
商標法
工業所有権に関する条約 × ×
著作権法 × ×
不正競争防止法 × ×

講座紹介