HOME > 宅建試験(宅地建物取引士資格試験) > 宅建試験 | 講座一覧 > 宅建試験 | 2017 過去問解析講座 > 宅建試験 2017 過去問解析講座| 講座の特長

宅建試験 2017 過去問解析講座| 講座の特長

2017 過去問解析講座の特長

過去10年の過去問から重要問題約300問をセレクト

宅建試験では,過去に出題された問題とほぼ同一の問題が繰り返し出題されています。そのため,宅建試験合格の秘訣は,繰り返し出題される重要問題を確実に正解できるようにすることにあります。
本講座では,林講師自らが宅建試験の過去問を分析し,過去10年分の過去問の中から重要問題をセレクトしました。合否を左右しない難問・奇問の類はすべて取り除き,重要な問題のみを厳選しておりますので,この問題集を繰り返し解くだけで,試験に合格することができる力が身につきます。

問題文の読み方・問題の解き方も伝授

試験問題は,例えば「10日以内」というルールが定められている場合に,この数字を「20日以内」と変えてきたり,わざと複雑な事例をあげて混乱させてきたりして,受験生に間違えさせようとしてきます。
しかし,着目ポイントを意識しながら問題文を読んでいったり,問題文の事情を図に整理したりする方法をうまく取り入れていけば,比較的スムーズに問題を解くことができるようになります。
本講座では,林講師が一緒に問題を解いていきながら,これらの方法論も適宜お伝えしていきます。

間違えやすいポイントを適宜整理して復習

宅建試験では似たような言葉やルールが多く出てきますので,これらをしっかりと分けて理解しておかなければ間違えてしまうような問題も多く出題されます。
このような問題にも対応できるよう,受験生が間違えやすい問題を検討する際には,混乱しがちな言葉やルールも一緒に整理をして,復習をしていきます。