HOME > 司法試験 > 司法試験 論文対策 > 司法試験 | 2017 論文答案の「書き方」 > 司法試験 | 2017 論文答案の「書き方」 | 対象

司法試験 | 2017 論文答案の「書き方」 | 対象

対象

本格的に論文を書いたことがない方,自分にはまだ答練は早いと思っている方

(1)学習経験者

論文式試験は慣れも必要ですが,がむしゃらに問題を解いていてもなかなか成果は上がりません。まずは,問題を読む→答案構成をする→実際に答案を作成するという答案作成の作法を確実に身に着ける必要があります。本講座は,そのような答案作成の作法を身に着けるための講座ですので,問題はたくさん解いているのに,どうしても論文答案が書けないという悩みを持っている方は,本講座を受講してみてください。

(2)学習未経験者

司法試験(及び予備試験)の最大の難所は,何と言っても論文式試験です。試験合格のためには,知識の習得と併せて,論文答案の作成能力を習得することが必要になります。
早い段階で論文答案の書き方を学び,書き慣れましょう。
また,書き方が分かるようになると,新しい知識をインプットする際にも,書けるようになるためのインプットを意識することができるようになり,効率的な学習にもつながります。勉強を始めたばかりの方にこそ,本講座の受講をお勧めしています。